ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

『線は、僕を描く』を良く知るために

あらすじ・内容

喪失感を抱いた大学生・青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られた霜介は、その場で内弟子にされてしまう。それが気に入らない湖山の孫・千瑛は、霜介に一年後の「湖山賞」をかけての水墨画勝負を迫る。わけのわからないうちに水墨画の世界に引っ張り込まれた霜介だったが、次第に水墨画の魅力に魅了されていく。
水墨画とは筆先から生み出される「線」の芸術。描くのは「命」そのもの。
描くことで次第に回復していく霜介と千瑛の勝負の行方は。
第59回メフィスト賞受賞作『線は、僕を描く』の試し読み16ページを含む、作品を良く知るための小冊子。

作品情報

シリーズ
『線は、僕を描く』を良く知るために(講談社)
著者
レーベル
――
出版社
講談社
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
36
配信開始日
2019/4/22
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「『線は、僕を描く』を良く知るために(講談社)」シリーズ作品一覧(全1冊)

0(税込)

  • 文芸 『線は、僕を描く』を良く知るために

    喪失感を抱いた大学生・青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られた霜介は、その場で内弟子にされてしまう。それが気に入らない湖山の孫・千瑛は、霜介に一年後の「湖山賞」をかけての水墨画勝負を迫る。わけのわからないうちに水墨画の世界に引っ張り込まれた霜介だったが、次第に水墨画の魅力に魅了されていく。
    水墨画とは筆先から生み出される「線」の芸術。描くのは「命」そのもの。
    描くことで次第に回復していく霜介と千瑛の勝負の行方は。
    第59回メフィスト賞受賞作『線は、僕を描く』の試し読み16ページを含む、作品を良く知るための小冊子。

付与コインの内訳

0コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「『線は、僕を描く』を良く知るために」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報