セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

初版 金枝篇 下

初版 金枝篇 下-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
J.G.フレイザー
著者
吉川信
ジャンル
実用
日本文学
レーベル
ちくま学芸文庫
シリーズ
初版 金枝篇(ちくま学芸文庫)
出版社名
筑摩書房
配信開始日
2016年10月21日
ページ概数
521 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

著者は二つの問いを立てた。「第一に、なぜ祭司は前任者を殺さなければならないのか? そして第二、なぜ殺す前に、“黄金の枝”を折り取らなければならないのか?」森の聖なる王、樹木崇拝、王と祭司のタブー、王殺し、スケープゴート、外在魂…大きな迂回とおびただしい事例の枚挙を経て、探索行は謎の核心に迫る。答えはある意味であっけないが、モティーフは素朴ではなかった。ロバートソン・スミスのセム族宗教史に多くを負いながら、それと微妙な距離をとると同時に、ルナンへの傾倒を韜晦してやまないフレイザー。本書を手の込んだ文化相対主義的キリスト教起源史と読むこともできる。さて、再び、「金枝」とは何か? 初版完訳、全二巻完結。

初版 金枝篇(ちくま学芸文庫) ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
初版 金枝篇 上

1300円(+税)

J.G.フレイザー/吉川信

ちくま学芸文庫

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
初版 金枝篇 下

1300円(+税)

J.G.フレイザー/吉川信

ちくま学芸文庫

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1110 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
完全実用版 おんなのこの服の脱がせ...

1500円(+税)

ポストメディア編集部・編

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年1月30日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘...

2500円(+税)

コンプティーク編集部

カドカワデジタルコミックス

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
初版 金枝篇 下

1300円(+税)

J.G.フレイザー/吉川信

ちくま学芸文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1300円 (+税)
1404円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら260コイン(※)
13 + 247コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1000 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです