ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。

著者
友麻碧
イラスト
Laruha

あらすじ・内容

託されたのは雪国の復興!? 天神屋で培った葵のおもてなし力が試される!

白夜の語った大旦那様の過去を胸に、妖都から脱出した葵は、北の地を治める八葉のもとへ向かう。美しくも閉ざされた雪国で葵を待っていたのは、知られざる美味しい名産品と、懐かしいあの人物との再会で……!

電子書籍
価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

付与コイン
6(*詳細)
  • 小説・ライトノベル10分読み放題「まる読み10分」

作品情報

シリーズ
かくりよの宿飯(富士見L文庫)
著者
レーベル
富士見L文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
278
配信開始日
2018/4/13
底本発行日
2018/4/15
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 かくりよの宿飯 十二 あやかしお宿の回顧録。

著者: 友麻碧

 あやかしお宿「天神屋」に嫁入りし、大女将見習いとして働く葵。彼女のもとに、現世へ留学するあやかしたちからの相談が寄せられていた。隠世と現世の交流が増えたことで、その分お悩みも増えていたのだ。葵は自らの体験を振り返り、人とあやかしが共に暮らすコツを手紙にしたためることに。するとそこへ大旦那もやってきて、昔話に花が咲いていき――。
 葵が隠世で生きる決意をした日の裏話。天神屋創立に馳せた大旦那の想い。そして知られざるチビの大冒険。葵とあやかしたちが過ごした、ささやかな日々の回顧録。

価格

704(税込)

640円 (+消費税64円)

「かくりよの宿飯(富士見L文庫)」シリーズ作品一覧(全12冊)

660円〜748(税込)

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。」評価・レビュー

評価

4.7
お得な情報