ファンタジーマンガ(漫画)おすすめ37選&人気ランキング | ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER
はじめてのお客さまへ
ファンタジーマンガ(漫画)おすすめ37選&人気ランキング

ファンタジーマンガ(漫画)おすすめ37選&人気ランキング

現実をはるかに超えた世界を描くファンタジーマンガ(漫画)は、多彩な作品の登場で、今、最も注目を浴びるジャンルの一つです。幻想的な世界への冒険、伝統的な剣と魔法のファンタジー…。王道ファンタジーからローファンタジーまで思わず現実を忘れてしまう“物語の魅力”たっぷりの人気作をご紹介します!

“本格派”ファンタジーマンガ(漫画)の注目作&人気作

ファンタジージャンルは、実力派のクリエイターがひしめきあう傑作の宝庫!ここでご紹介するのは、近年、ネットやSNSで話題を呼んだ作品や、人気作家が挑む注目作です。読者の想像を超えるファンタジーならではの魅力をマンガ(漫画)で味わってみませんか?

魔術・魔法ファンタジーマンガおすすめ2選

「魔法」が当たり前のように存在する世界を舞台に、その力を駆使するキャラクターが活躍する物語は、古今東西に存在し、熱狂的なファンを生んでいます。漫画でももちろん定番のこのジャンル。「魔法」や「魔」が存在する世界を描いた作品の中から、注目を浴びているおすすめ作品をご紹介します。

ダークファンタジーマンガおすすめ4選

世界の暗黒面を浮かび上がらせる「ダークファンタジー」や、異世界を舞台にした「ハイファンタジー」は、ファンタジーの中でも花形といえるジャンルです。思わず息をのんでしまう重厚感と創造性にあふれた作品が次々に生まれています。ここでは人気作の一部をご紹介します。

探検・冒険ファンタジーマンガおすすめ4選

見たことのない世界への旅が好奇心をくすぐり、主人公が経験する出会いと別れに胸が揺さぶられる――そんな作品に出会いたい人におすすめなのが「探検」や「冒険」を題材にしたファンタジー作品です。思わず目を奪われる“未知への旅”を描いたファンタジーマンガ(漫画)をご紹介します。

現代ファンタジーマンガおすすめ4選

わたしたちの日常に、もしも当たり前のようにファンタジーが存在していたら?「ローファンタジー」と呼ばれることもある「現代ファンタジー」は、現実世界とファンタジーの溶け合った不思議な世界を描いています。マンガが得意とするこのジャンル、なかでも、昔ながらのファンタジーを感じさせるおすすめをご紹介します。

伝奇・妖怪ファンタジーマンガおすすめ3選

日常にときおり紛れ込む不思議は、実はひそかに存在しているファンタジーのしわざかもしれない……。「伝奇」的なファンタジーマンガ(漫画)には、そんな日常と非日常のはざまが描かれます。アニメやマンガで人気の妖怪もこのジャンルの主役。身近にあふれるファンタジーの気配に気付かせてくれる、そんなおすすめをご紹介します。

吸血鬼・人外ファンタジーマンガおすすめ3選

見た目は人間的だけど、中身は違う「吸血鬼」、逆に、見た目が異様なのに中身は人間的なキャラクターも描かれるのがこのジャンルの作品。人魚、半魚人、狼男、…ファンならまだまだ、いくつも思いつくのではないでしょうか?人間の隣人として描かれる彼らを描いた幻想的な作品からエンタメ要素たっぷりのマンガをご紹介します。

転生ファンタジーマンガおすすめ2選

今ここに生きている自分が、そのままファンタジーの住人になってしまったら?「転生」「転移」を題材にしたファンタジーマンガ(漫画)なら、ファンタジー世界で活躍する主人公に、現実ではなかなか手に入らない夢を託せるかもしれません。欲張りな願望を後押して、いろいろな夢を見せてくれる作品群です。

バトルファンタジーマンガおすすめ

拳と拳はもちろん、武器に飛び道具、魔法や超能力から心理的な駆け引きまで、様々なぶつかり合いが熱いバトルジャンル。ファンタジーマンガ(漫画)という土台の上では、ますます“なんでもあり”の様相になります。作家の想像におまかせのやりたい放題の宝庫といえるのがバトルファンタジーです。

歴史ファンタジーマンガおすすめ5選

“史実”とされている歴史に、ファンタジーの想像力を働かせて生まれる数々の物語、それが「歴史ファンタジー」です。歴史に記されたあの出来事、あの事件、あの人物の裏側に、実はこんな“もしも”があるのかもしれない……。歴史の見え方が変わったり、もっと知りたくなる人気作を集めました。

戦記ファンタジーマンガおすすめ3選

「戦(いくさ)」にまつわる記録や伝承から想像をふくらませた世界を描く「戦記ファンタジー」。歴史をなぞっているわけではないからこそ結末がわからない、主人公がどんな運命をたどるのかハラハラしてしまう――このジャンルにも魅力あふれる作品がたくさんあります。壮大なロマンと手に汗握る展開は戦記ファンタジーならでは。必見です!

【最新】ファンタジー(マンガ、文芸・小説)ランキング

1
原作:
渡辺 恒彦(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス)
漫画:
日月ネコ
キャラクター原案:
文倉十
角川コミックス・エース
KADOKAWA
2020/6/4 (木) 配信開始

「理想のヒモ生活(9)」感想・レビュー

  • 柏バカ一代

    21

    武断的で男尊女卑の国ならではの価値観による弊害。それを女王が王位を持ってる外国で振る舞う外交使節団員。。馬鹿なの?

    2020/06/04

2
漫画:
坂野杏梨
原作:
逢沢 大介
キャラクター原案:
東西
角川コミックス・エース
KADOKAWA
2020/6/25 (木) 配信開始

「陰の実力者になりたくて! (3)」感想・レビュー

  • レリナ

    22

    シャドウがモブに徹するために編み出したモブ式奥義が、いかにモブになるためだけに生み出されたものかがよくわかる。シャドウが普段モブに徹するこだわりが強いので、妄想がここまで現実になるともはや怖いものがあるが、彼のそれが強さの秘訣なのだろう。シャドウガーデンの強さは本物なので、闇に潜む暗殺者のごとく、活躍していってほしいものだ。ここまでこだわりの強い主人公、今まで居ただろうか?テロリストをゴミのように片付けるシャドウ達の組織力と実力は本物。陰の実力者になりたいシャドウのこれからの活躍が楽しみ。次巻に期待。

    2020/06/29

「【マンガ】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部 「領地に本を広げよう!3」」感想・レビュー

  • わたー

    18

    ★★★★★いやいや、今回のハイライトは下町のグーテンベルクたちじゃなくて、どう考えても初めての騎獣だろう。レッサー君の挿絵は、原作で何度かあったものの、レッサー君にするまでのライオン・バスとかパンダの動く乗り物は初出だったし、何よりフェルディナンドが過去最高に感情をなくした顔をしていたのがジワる。これから幾度となくその表情をするんだなぁと思うと、ワクワクが止まらない。

    2020/06/15

4
作画:
アジチカ
原作:
梅村真也
構成:
フクイタクミ
ゼノンコミックス
コアミックス
2020/6/19 (金) 配信開始

「終末のワルキューレ 7巻」感想・レビュー

  • 空のかなた

    17

    ネタバレ不屈の闘神ヘラクレスと殺人鬼ジャック・D・リッパーの死闘。この7刊はそれに尽きる。人として生まれ神として天に昇った半神半人であるヘラクレスが、人は愚かだ、だがそれでもオレは人間を愛している、と語る場面は最後まで試合を左右する大きなテーマ。そして、人間への真実の愛を有するヘラクレスのオーラの色を見たジャックの台詞「これほどまでに美しいものだったのですね。母のあの色、愛情のオーラは偽物(フェイク)だった」と気づいても、それは失望ではなく悦びのよう。6刊が有ったからこそ、この刊の闘いの意味が判る。

    2020/06/21

5
著:
石塚千尋
別冊少年マガジン
講談社
2020/6/9 (火) 配信開始

「ふらいんぐうぃっち(9)」感想・レビュー

  • exsoy

    33

    ハマベーレギュラー化だー!マンドレイクも何気に1巻から出てるし(進化してなかったけど)、マスコットには事欠かないマンガだ。

    2020/06/19

7
マンガ

村人ですが何か?(7)

鯖夢 他

18
マンガ

けものみち(7)

暁なつめ 他

19
マンガ

終わりのセラフ 21

鏡貴也 他