歴史マンガ(漫画)・歴史ファンタジーマンガおすすめ27選&人気ランキング”中国史・日本史・戦国・幕末・西洋史・学習マンガまで<学べる>マンガがいっぱい” | ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER
歴史マンガ(漫画)・歴史ファンタジーマンガおすすめ27選&人気ランキング”中国史・日本史・戦国・幕末・西洋史・学習マンガまで<学べる>マンガがいっぱい”

歴史マンガ(漫画)・歴史ファンタジーマンガおすすめ27選&人気ランキング”中国史・日本史・戦国・幕末・西洋史・学習マンガまで<学べる>マンガがいっぱい”

歴史とフィクションは古くから親和性の高い存在。神話や歴史をもとにした小説など、昔から歴史と物語は切っても切れない関係だったといえます。もちろんマンガ(漫画)の世界でも歴史は一大ジャンル。新しい研究の成果を取り込む作品はもちろん、史実がはっきりしないからこそ斬新な想像を取り込んだ作品もたくさんあります。今回は、そんな歴史マンガ(漫画)の人気作、注目作をご紹介します。

歴史が好きになる王道作品&人気作

史実に忠実な作品から、大胆なフィクションを取り込んだ作品まで、さまざまなタイプがある歴史マンガ(漫画)。歴史書ではわずかな記載しかない人物やできごとを大きく膨らませ、歴史バトル的な作品に仕上げた『キングダム』、今では見ることのできない過去の日本を資料なども踏まえて見せてくれる『ふしぎの国のバード』など、歴史のいろんな側面を教えてくれるヒット作をピックアップしました。

巨匠、人気作家が挑んだ傑作歴史マンガ(漫画)

古くから定番ジャンルのひとつである歴史マンガ(漫画)。現在では巨匠と呼ばれる作家さんにも、歴史をモチーフにした作品を描いた人は多いです。普遍的な題材ゆえに、時代を経ても古びない魅力がある歴史マンガ(漫画)の傑作を紹介します。

「文化・風俗」に興味がわく歴史ファンタジーマンガ(漫画)作品

事件や戦争だけが歴史ではありません。それぞれの時代の文化や思想、人々の暮らしといったものを知ることができるのも歴史マンガ(漫画)の楽しいところ。今とは違う文化はもちろん、時代を経ても変わらない苦悩なども感じさせてくれる、人々の暮らしや思想、風俗に触れられる作品をピックアップしました。

歴史マンガ(漫画)の定番「中国史」古代中国、中国大陸の歴史

すぐ近くにあり、日本の歴史や文化にも大きな影響を与えてきた中国。その歴史も人気ジャンルのひとつです。戦国時代と並ぶほどの人気を誇る三国志の時代を筆頭に、圧倒的な広さを誇る中国大陸の歴史を描いた作品は、日本やヨーロッパとはまた違うスケールの大きさを感じさせるものが多いです。

歴史ものの花形"武士の時代・戦国時代"マンガ(漫画)

武士、サムライは日本のイメージの中心ともいえる存在。歴史マンガ(漫画)でも武士の時代を描いたものはまさに花形といえます。織田信長ら戦国の三英傑はもちろん、これまでなかなかスポットの当たってこなかった武将や合戦などにフォーカスした作品も多くなっています。

動乱の時代"幕末”が舞台の歴史マンガ(漫画)

日本史で戦国時代と人気を二分する時代といえるのが幕末。暗殺といった血なまぐさい事件の多い時期ですが、若い世代が中心になって新時代へと疾走した、みずみずしい革新の時代でもあります。若き志士たちを突き動かした思想や因縁、苛烈な運命など、物語のモチーフもたくさんあり、さまざまな作品が生まれています。

教科書にはない面白さ!西洋史・ヨーロッパ史がテーマの歴史マンガ

さまざまな国が隣接し、ぶつかり合いながら形成された西洋は、日本や中国以上に複雑で多様な歴史ドラマが詰まっています。日本でもおなじみの人物や事件を、新たな解釈や表現で描く作品も次々登場しています。

マンガ(漫画)で読む近現代史。おすすめ3選

現在の日本や世界がどのようにして今に至ったのかに直結する近現代の歴史。まだその時代の生き証人も数多くいる戦前・戦後をモチーフにした作品もあります。表舞台の歴史を動かした人々や、その時代に翻弄された人々など、さまざまな視点から近現代を見つめ直す骨太な作品が多いジャンルです。

【番外編】学習マンガ(漫画)で学ぶ「世界の歴史」「日本の歴史」

歴史の勉強法の一つとしても評判の 学習マンガ(漫画)。話題を呼んだ映画「ビリギャル」でも、主人公の女子高生が受験用の参考書として活用していました。手軽に手に取ることができる学習マンガ(漫画)は大人の学び直しやお子さんの教育にもうってつけ。各社から発行されています。どのシリーズを読んでみるか…まずは「試し読み」してみてはいかがでしょうか?

【最新】歴史(文芸・小説、実用)ランキング

1
著:
ゆうきまさみ
ビッグコミックス
小学館
2022/5/12 (木) 配信開始
4.9

「新九郎、奔る!(10)」感想・レビュー

  • buchipanda3

    91

    今川家の家督争いは新九郎の仲裁で一旦は収まったかのように見えたが、この戦国前夜の時代、そう簡単に事態は安定しない。姉の伊都とその息子・龍王丸(氏親)の身の危険を察した彼は妙案を思いつく。それは二人を京へ連れていくこと。ということで舞台は再び都へ。関東での争乱がさらに不穏になったことを機にある策略を巡らせようとする新九郎の顔付き、いやあほんとキリッと悪い顔してた。知略のパラメータが高くなってきている。そして6人目の家臣・多米(多目)と再会して布陣が整いそう。さらに聡明丸や予告ではあの人も再登場。次も楽しみ。

    2022/05/14

4
著者:
トマトスープ
――
イースト・プレス
2022/5/12 (木) 配信開始
5.0

「ダンピアのおいしい冒険 4」感想・レビュー

  • toriarii

    2

    ネタバレダンピアはリングローズとともに旅にでるが…。この当時キニーネは無いから、マラリアは体力勝負になるのがつらいところ。船に犬を乗せているけど狂犬病大丈夫?と思ってしまう。悲しい別れの後、太平洋横断でアジアを目指すが…。スワン船長穏やかな人柄は好感持てるんだけど、明らかに船長には向いていないんだよなぁ。フィリピンのミンダナオ島にダンピア達は寄港する。現地の人たちの歓待を受けるが、文字の読み書きができるダンピアは歓待の真の意図を知らされる。すんでのところでミンダナオを出るダンピア達、カンボジアに逃げ込むが…。

    2022/05/14

5
原作:
四葉夕卜
著:
小川亮
コミックDAYS
講談社
2022/4/6 (水) 配信開始
4.8

「パリピ孔明(9)」感想・レビュー

  • 林田力 #東急不動産だまし売り裁判

    25

    アーティストをレーベルの枠に縛られないようにすることは革新的である。しかし、だまして結果オーライで進めようとする孔明の手口は好きになればない。そのような人間とビジネスできないとする反応は正論である。

    2022/04/17

7
マンガ

パリピ孔明(8)

四葉夕卜 他

8
マンガ

パリピ孔明(7)

四葉夕卜 他

9
マンガ

パリピ孔明(5)

四葉夕卜 他

10
マンガ

パリピ孔明(3)

四葉夕卜 他

11
マンガ

パリピ孔明(4)

四葉夕卜 他

12
マンガ

パリピ孔明(6)

四葉夕卜 他

13
マンガ

アサギロ~浅葱狼~(25)

ヒラマツ・ミノル

16
マンガ

パリピ孔明(1)

四葉夕卜 他

17
マンガ 特典

パリピ孔明(2)

四葉夕卜 他