セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

小樽殺人事件

小樽殺人事件-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

内田康夫
ジャンル
文芸
レーベル
光文社文庫
シリーズ
浅見光彦(光文社)
出版社名
光文社
配信開始日
2016年02月05日
ページ概数
318 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

薄明の小樽港に女の漂流死体。取材旅行の途次、死体を発見した名探偵(ルポ・ライター)浅見光彦と、偶然事件に巻き込まれたOL津田麻衣子は、独自の捜査を開始した。さらに被害者の妹も不審な自殺。二つの死体には黒揚羽蝶が残されていた。蝶の謎を追い、浅見と麻衣子は信州・安曇野を訪れるが、そこには……? 旅情と本格推理の見事な融合(ブレンド)。

浅見光彦(光文社) ( 16 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秋田殺人事件

600円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天城峠殺人事件

400円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
伊香保殺人事件

500円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小樽殺人事件

600円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
神戸殺人事件

600円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
しまなみ幻想

550円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
津軽殺人事件

500円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
津和野殺人事件~〈日本の旅情×傑作...

700円(+税)

内田康夫

光文社文庫

これもおすすめ! ( / )

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦ミステリースペシャル 幸福...マンガ

200円(+税)

日下部拓海/内田康夫

MBコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦のミステリー紀行 総集編I

600円(+税)

内田康夫

光文社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
朝日殺人事件

580円(+税)

内田康夫

角川文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦ミステリースペシャル 若狭...マンガ

300円(+税)

沢音千尋/内田康夫

MBコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦Special Editi...

2900円(+税)

内田康夫

角川文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦ミステリースペシャル 小樽...マンガ

300円(+税)

鞠之子/内田康夫

MBコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦殺人事件

500円(+税)

内田康夫

角川文庫

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
浅見光彦ミステリースペシャル 城崎...マンガ

200円(+税)

中邑冴/内田康夫

MBコミックス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小樽殺人事件

600円(+税)

内田康夫

光文社文庫

価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです