セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/27ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

玉妖綺譚

玉妖綺譚-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

真園めぐみ
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
玉妖綺譚(創元推理文庫)
出版社名
東京創元社
配信開始日
2016年05月21日
ページ概数
304 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

異界と現実世界との間にある“はざま”。そこで産する竜卵石は妖力をもち、主の“気”を受けて玉妖と呼ばれる精霊を宿す。中でもその美しさ、知性から伝説的な存在とされるのが、難波俊之が育てた“難波コレクション”の七つの玉妖たちだ。そのひとつ〈くろがね〉を受け継いだ修業中の驅妖師・彩音は、玉妖に魅入られ眠り続ける姉を救おうとする……。人々の目に見えない異界妖が跋扈する皇国大和の首都・櫂都を舞台に、少女驅妖師・彩音と相棒の玉妖くろがねが、妖がらみの摩訶不思議な事件に挑む。第1回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作。/解説=井辻朱美

(c)真園めぐみ/東京創元社

玉妖綺譚(創元推理文庫) ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
玉妖綺譚

722円(+税)

真園めぐみ

創元推理文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
玉妖綺譚2 異界の庭

787円(+税)

真園めぐみ

創元推理文庫

これもおすすめ! ( / )

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
少女妄想中。

610円(+税)

入間人間

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 6 Nil admira...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
少年と少女と、 サクラダリセット6

420円(+税) (04/06まで)

河野裕

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子...

530円(+税)

三上延

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
おめでとう、俺は美少女に進化した。...

1200円(+税)

和久井 透夏/みわべさくら

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子...

550円(+税)

三上延

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 完結
あの日見た花の名前を僕達はまだ知ら...

520円(+税)

岡田麿里

角川文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
美少年探偵団 きみだけに光かがやく...

462円(+税) (04/07まで)

西尾維新

講談社タイガ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
玉妖綺譚

722円(+税)

真園めぐみ

創元推理文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
722円 (+税)
780円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら252コイン(※)
7 + 245コインUP
2017/03/28 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
422 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです