セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで

日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

北岡伸一
岡崎久彦
坂本多加雄
ジャンル
新書
レーベル
文春新書
シリーズ
日本人の歴史観 黒船来航から集団的自衛権まで(文春新書)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
173 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

21世紀、国家間の歴史認識論争は、いよいよ熾烈なものになってきている。しかし、「薩長史観」から「東京裁判史観」まで、私たちの近現代史は、あまりに多くの偏向史観にゆがめられてきた。2002年に行われた鼎談では、黒船来航から集団的自衛権論争まで、時代を区分して、その時代の理解をゆがめてきた偏向史観を徹底的に論破。曇りなき眼で、日本人がそれぞれの時代をいかに生きてきたのかを論じる。勝者がつくってきたデタラメな歴史観に対する実証的な異議申し立てに、目からウロコが落ちるだろう。10時間を超える白熱した討論は、まさに日本の「歴史認識」の原点であり、これからの日本の行くべき方角を示す羅針盤でもある。鼎談に加わった坂本多加雄氏、岡崎久彦氏は亡くなっているが、北岡伸一氏が全体を再度、見直すとともに、新たに二章を書き下ろした。著者略歴岡崎久彦:1930年生まれ。外務省情報調査局長、駐タイ大使などを歴任。「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者委員として集団的自衛権の容認を実現。2014年死去。坂本多加雄:1950年生まれ。学習院大学教授、「新しい教科書をつくる会」理事を歴任。2002年死去。北岡伸一:1948年生まれ。国際大学学長。東京大学名誉教授。「戦後70年談話」有識者懇談会座長代理として、安倍談話の道筋をつける。

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス...

525円(+税) (01/19まで)

小林雅一

講談社現代新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
語彙力を鍛える~量と質を高めるトレ...

462円(+税) (01/19まで)

石黒圭

光文社新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身...

167円(+税) (01/19まで)

山田真哉

光文社新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
悩みどころと逃げどころ(小学館新書...

日本国内のみ販売

ちきりん/梅原大吾

小学館新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲー...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館101新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書...

日本国内のみ販売

梅原大吾

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ウイルスは生きている

420円(+税) (01/19まで)

中屋敷均

講談社現代新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
わかったつもり~読解力がつかない本...

441円(+税) (01/19まで)

西林克彦

光文社新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
日本人の歴史観 黒船来航から集団的...

741円(+税)

北岡伸一/岡崎久彦/坂本多加雄

文春新書

価格
741円 (+税)
800円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
441 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです