ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

子供の科学2018年12月号

あらすじ・内容

大人も楽しめる子ども向け科学雑誌

★特集 環境問題に立ち向かえ! 地球を守るテクノロジー
環境問題は、キミたちが大人になる未来、今よりもずっと重大な問題を突きつけてくることが、さまざまな研究や観測データから予測されている。だからこそ、キミたち自身が環境について知り、どうしたらよい解決ができるのか、自分の意見を持てるようになってほしい。この特集では環境問題に取り組むテクノロジーを紹介。これをヒントに、キミ自身ができることを考えてみよう。

●祝! 本庶佑教授 ノーベル医学・生理学賞受賞
2018年のノーベル賞では、医学・生理学賞を京都大学の本庶佑教授が受賞することになりました。これは一体どんな研究なのか、どう画期的なのか、わかりやすく解説します!

●スペシャルインタビュー JAXA宇宙飛行士 金井宣茂 宇宙ってどんなところだった?
2017年12月19日から2018年6月3日まで約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した金井宣茂宇宙飛行士。自身初の宇宙滞在を終えて、日本に帰ってきた金井宇宙飛行士に、宇宙での生活や地球に帰ってきてからのリハビリのことなどを詳しく聞いてきたよ。

●micro:bitでレッツプログラミング! 物の高さを測る探検メーターをつくろう
micro:bitのプログラミング環境であるMakeCodeがバージョンアップ。今回は新しいバージョンを使って、探検ウォッチで物の高さを測れる機能をつくってみよう!

●2018年ノーベル賞 物理学賞&化学賞はこれだ!
物理学賞と化学賞は、レーザー技術の飛躍に貢献した研究、生物の進化を参考にタンパク質を改良する研究、いずれもノーベル賞にふさわしい重要な研究に与えられることになりました。ここではその内容を解説します。

電子書籍
価格

734(税込)

667円 (+消費税67円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
子供の科学
著者
レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
カテゴリ
実用
ページ概数
124
配信開始日
2018/11/13
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 子供の科学2023年2月号

著者: 子供の科学編集部

※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

★【特集】かわいくて新しい!! ロボットがうちにやってくる!
一緒にいるだけで心が少しほっこりする。楽しくなる。笑顔になる。
それが家庭用コミュニケーションロボットです。
少しずつ身近になってきた新しいロボットの姿を一挙大公開。
会話をするRomiをはじめ、人になつくLOVOT、犬型のaibo、モフモフしたMoflin……。
それぞれどんな特徴やポイントがあるのかをまとめました。
家で一緒に過ごせる体験モニターも大募集しています!

●【別冊付録】部品がまる見え! 愛されるロボット LOVOT大解剖ポスター
ペンギンのようなフォルムをしたロボット「LOVOT」は、約1万個の部品でできています。
特徴的な頭の上のホーン(ツノ)にはさまざまなセンサーが集中。
これらの細かな部品を実際の写真で紹介しています。
広げて見ると圧巻!

●食糧問題・環境問題もおいしく解決!? 新時代のスーパーフード コオロギが地球を救う!
人口増加が止まらず、このままでは近い将来食糧生産が追いつかなくなると心配されています。
その切り札と考えられているのが昆虫です。
中でもコオロギは飼いやすい上、味もよく、次世代のタンパク源として有望視されています。
食用コオロギの生産を手掛ける株式会社グリラスにお話を聞きました。

●【連載】世界を変えた科学と実験/水とホースで水平がわかる! 大畑才蔵の水盛台の実験
ホームセンターなどで売られている、透明で泡が入った「水準器」。
建物の面や線が垂直かを確認する道具です。
この道具とはしくみが少し異なりますが、「水盛台」と呼ばれた歴史的な水準器をつくる実験を紹介します。

●【連載】医師・医療のおしごと大解剖! ドクターズ・リレー/フライトサージャン 樋口勝嗣先生
「フライトサージャン」とは、宇宙医学に関する知識を用いて、宇宙飛行士を診る専門医のこと。
JAXAでフライトサージャンとして活躍している樋口勝嗣先生に仕事の内容や幼少期のことを聞きました。
この仕事に就くまでには、夢をあきらめない粘り強い精神があったようです。

価格

734(税込)

667円 (+消費税67円)

「子供の科学」シリーズ作品一覧(全80冊)

612円〜734(税込)

  • 実用 子供の科学2023年2月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★【特集】かわいくて新しい!! ロボットがうちにやってくる!
    一緒にいるだけで心が少しほっこりする。楽しくなる。笑顔になる。
    それが家庭用コミュニケーションロボットです。
    少しずつ身近になってきた新しいロボットの姿を一挙大公開。
    会話をするRomiをはじめ、人になつくLOVOT、犬型のaibo、モフモフしたMoflin……。
    それぞれどんな特徴やポイントがあるのかをまとめました。
    家で一緒に過ごせる体験モニターも大募集しています!

    ●【別冊付録】部品がまる見え! 愛されるロボット LOVOT大解剖ポスター
    ペンギンのようなフォルムをしたロボット「LOVOT」は、約1万個の部品でできています。
    特徴的な頭の上のホーン(ツノ)にはさまざまなセンサーが集中。
    これらの細かな部品を実際の写真で紹介しています。
    広げて見ると圧巻!

    ●食糧問題・環境問題もおいしく解決!? 新時代のスーパーフード コオロギが地球を救う!
    人口増加が止まらず、このままでは近い将来食糧生産が追いつかなくなると心配されています。
    その切り札と考えられているのが昆虫です。
    中でもコオロギは飼いやすい上、味もよく、次世代のタンパク源として有望視されています。
    食用コオロギの生産を手掛ける株式会社グリラスにお話を聞きました。

    ●【連載】世界を変えた科学と実験/水とホースで水平がわかる! 大畑才蔵の水盛台の実験
    ホームセンターなどで売られている、透明で泡が入った「水準器」。
    建物の面や線が垂直かを確認する道具です。
    この道具とはしくみが少し異なりますが、「水盛台」と呼ばれた歴史的な水準器をつくる実験を紹介します。

    ●【連載】医師・医療のおしごと大解剖! ドクターズ・リレー/フライトサージャン 樋口勝嗣先生
    「フライトサージャン」とは、宇宙医学に関する知識を用いて、宇宙飛行士を診る専門医のこと。
    JAXAでフライトサージャンとして活躍している樋口勝嗣先生に仕事の内容や幼少期のことを聞きました。
    この仕事に就くまでには、夢をあきらめない粘り強い精神があったようです。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2023年1月号

    ※デジタル版の別冊付録のカレンダーは取り外しおよび書き込みができません。
    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★【特集】みんなが知りたいギモンをまるっと解決! 月の10大ミステリー
    2023年はウサギ年。ウサギといえば月!
    地球の衛星である月は、とても身近ですが実際はわからないことも多い天体です。
    編集部に寄せられる質問の中でも、月に関する質問の多さはナンバー1。
    そこで今回は、それらの質問の中から10のギモンをピックアップ。
    それぞれの謎を解明していきます。

    ●【別冊付録1】12人の究める先生がキミの探求心に火をつける! 科学ミッションカレンダー2023
    毎月さまざまなジャンルのミッションが掲げられ、それをクリアしていくという前代未聞のカレンダー!
    ミッションに挑むことで自然と探究心が育ち、達成するとステキなプレゼントももらえます。
    さぁ、2023年はこのカレンダーとともに過ごしましょう!

    ●【別冊付録2】クレーター観察ガイド付き 月面マップ
    月の表裏をまるまる掲載した特大ポスター。
    主要なクレーターや海の場所がわかり、月の観察ガイドも紹介しています。
    月特集とあわせて読めば、より理解が深まるしかけです。

    ●伊藤園さんにきいてみた! おいしいお茶を科学で淹れよう!
    緑茶に紅茶、中国茶……。
    お茶の種類はたくさんありますが、いったい何からできているのでしょうか。
    お茶がどうやってできるのか、さらにおいしい淹れ方のコツまで、とことんヒミツに迫ります。

    ●【連載】ポケデン/イルミラマBB
    電子工作の人気連載「ポケデン」。
    1月号では、箱を開けるとLEDがピカピカ光る「イルミラマBB」をつくります。
    さらに、その「イルミラマBB」と、「ジブン専用パソコン」がコラボした「光と音の電子工作プログラミングキット」も登場!
    これを使えば、「イルミラマBB」と「ジブン専用パソコン」をつないで素敵なサウンドイルミネーションがプログラミングできます。

    ●【連載】“好き”を深める学校を直撃! 教えてセンパイ!/N高等学校 eスポーツ部
    好きなことや興味を突き詰められる高校を紹介している連載。
    今月はネットの高校、N高のeスポーツ部を取り上げています。
    部のエースであるrre選手は、どんなゲームをプレイして、どんな活動をしているのでしょう?
    eスポーツ好きの子は必見です。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2022年12月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★【特集】解剖学で「ストランディング」に迫る! 海の哺乳類 クジラの謎
    国立科学博物館の田島木綿子先生は、クジラやイルカなどの海の哺乳類を研究しています。
    “ストランディング”と呼ばれる現象により、海岸に漂着した死体を解剖しているのです。
    では、ストランディングはなぜ起こり、どんなことが明らかになっているのでしょうか。
    クジラの体内から見つかった海洋プラスチックや地球温暖化との関連についても教えてもらいました。

    ●キミも今すぐできる! あ~っと驚くAIアート
    最近、「人間が描いた絵と見分けがつかない!」と話題になっている「AIアート」。
    その不思議な魅力に迫るため、AI技術を取り入れた斬新な作品で注目されているアーティスト・岸裕真さんにお話を聞きました!
    アプリを使ってできるAIアート体験の方法もご紹介!

    ●2022年ノーベル賞研究解説
    優れた研究を成し遂げた研究者に贈られるノーベル賞。
    2022年の受賞者の発表が、10月3日の生理学・医学賞を皮切りに行われました。
    これらの研究を図解入りでくわしく紹介しています。

    ●【別冊付録】地球最大の哺乳類! シロナガスクジラまるわかりポスター
    世界中の海に生息するクジラ類の中で、最も大きなシロナガスクジラ。
    この巨大なクジラの骨格と内臓がわかる、特大&横長サイズのポスター。
    人間と同じ哺乳類の仲間なので、人間とはどこが同じでどこが違うか、新しい発見に出会えるポスターです。

    ●読んでいるのはどんな人? KoKa読者白書2022
    読者のみんなが送ってくれるハガキやコカネットのアンケートから、集計・分析した結果を発表!
    読者には何年生が多いのか? どんなことをして過ごすのが好きなのか? 習い事は? ……などなど、みんなの人物像が見えてきます。

    ●【連載】藤原麻里菜の無駄からはじめよう/Vol.2 スマホから顔面守るくん
    “無駄づくり”を続けるコンテンツクリエイターとして大活躍中の藤原麻里菜さんが、とっておきの作品を紹介する連載。
    今月は、「スマホやゲーム機を手に持って寝ているときに、手がすべって顔に落ちてくる」のを防ぐ作品を紹介。
    思わずクスッと笑ってしまう楽しい作品には、発明のヒントが詰まっています。

    ●【連載】学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術/日用品でサバイバル
    日本は自然災害大国。
    もし、自分が被災者になってしまったら……?
    身の回りの日用品を工夫して、災害から生き残るテクニックを紹介。
    ペットボトルでつくるサンダルやフェイスシールド、ガムの包装紙で火おこしする方法など、覚えておいて損はないテクニックが満載!

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2022年11月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★【特集】算数がニガテでもおもしろい! 数の謎解き大冒険
    不思議な数の世界には、まだまだ謎がいっぱい。
    円周率の森からスタートして、おもしろい数の世界を一緒に冒険する特集です。
    読み終わるころには、算数脳が自然とバージョンアップしているかもしれません。

    ●実はおしゃべりする!? 意外な魅力がいっぱい モルモットの真の姿を追え!
    かわいくて身近なモルモットの生態や特徴などを知らない人も多いはず。
    そこで、モルモットの魅力や飼育のポイントなどをまとめて紹介。
    アニメ『PUI PUI モルカー DRIVING SCHOOL』の監督インタビューも要チェックです。

    ●テレビを飛び出して、スクリーンデビュー チコちゃんに聞いてみた!
    人気番組「チコちゃんに叱られる!」(NHK 総合)の舞台が映画になって全国ロードショー中です。
    番組のMCで初舞台も成功させたチコちゃんに、いろいろな話を聞いてきました。

    ●【別冊付録】永久保存版 円周率10000桁ポスター
    1万桁の円周率がプリントされたおもしろいポスター。
    どこまで記憶できるか挑戦したり、1万桁のどこかにある誕生日や電話番号などを探したりして遊ぶことができます。

    ●【新連載】KoKa今昔物語/鉛筆の製造―山出しの材木と鉱物が見る見るうちに文明の利器と変る
    『子供の科学』は2024年に創刊100年を迎えます。
    そこで、これまでのKoKaの中から注目の記事をピックアップし、内容をくわしく紹介します。

    ●【新連載】藤原麻里菜の無駄からはじめよう/Vol.1 侍ネギバッグ
    コンテンツクリエイターとして大活躍中の藤原麻里菜さんが、今月から新連載をスタート!
    たくさんの“無駄づくり”を続けている藤原さんに、とっておきの作品を紹介してもらいます。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2022年10月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★【特集】どう進歩した? 実は変わっていない!? 日本の鉄道ヒストリー
    鉄道開業150周年を記念して、動力システムの進歩や、昔から変わらない技術を紹介しています。
    1ページにまとめた「150年の鉄道ニュース!」では、1世紀にわたる鉄道の進歩を、写真とともに一気見せ。
    また、2022年9月23日に開業する西九州新幹線「かもめ」の情報も盛り込んでいます。

    ●100年使える目をつくろう! 視力まるわかり!
    10月は「目の愛護デー」や「世界視力デー」があり、改めて視力について考えるのに最適です。
    そこで、目でものを見るしくみから目が悪くなる原因、視力の測り方まで、東京医科歯科大学の五十嵐多恵先生にくわしくお話を伺いました。

    ●【別冊付録】98年分の子供の科学が伝えた! 鉄道Bigニュースポスター
    子供の科学は創刊当時から鉄道の情報を誌面で伝えてきました。
    98年間を振り返ると、鉄道の重大ニュースが見えてきます!

    ●コドモノカガク製作所/コロコロ下って上る! ビー玉コースター
    ベルトコンベアのリフト装置でビー玉が上り、レーンを下ってまた戻ってくる「ビー玉コースター」。
    段ボールでつくる本格的な工作です。

    ●世界を変えた科学と実験/放射線が見える!? ウィルソンの霧箱の実験
    人工的に雲を発生させる実験を重ね、実験装置「霧箱」で放射線が飛ぶ様子を見ることに成功した科学者・ウィルソン。
    ここでは、手に入るもので放射線を見る実験を紹介しています。

    ●学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術/縄文ポシェットをつくってみよう!
    縄文時代の地層から発見された「縄文ポシェット」のつくり方を紹介しています。
    肩ひもを取り付けて肩から下げれば、縄文人気分が味わえる♪

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「子供の科学2018年12月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報