セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

地を継ぐ子供たち

地を継ぐ子供たち-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
有村 とおる
ジャンル
文芸
レーベル
――
出版社名
アドレナライズ
配信開始日
2016年05月24日
ページ概数
364 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

謎の疫病〈えぶ〉と軍事警察に怯えて暮らす子供たちが目指す場所とは

〈えぶ〉と呼ばれる謎の疫病が人類を襲い、世界人口は最盛期に比べて十分の一以下になった。荒廃後の日本列島では〈東国〉と〈西国〉に分裂した人々が、チュウブ無人地帯を間に挟んだまま、にらみ合いを続けていた。軍事国家〈東国〉に住む「まひる」たち四人の少年は、町の人々の間で「スフィンクスやピラミッドより大きい」と伝説になっている人工の遺跡〈石棺〉を探検しよう、と進入禁止区域に足を踏み入れる。
 鳥が次々と空から落ちて死んでいく。再び〈えぶ〉が発生した。人間の滅亡を意味する〈えぶ〉とは何か? なぜ大人たちは〈石棺〉の正体をひた隠しにするのか? そして、人類が生き残るすべはあるのか? すべての謎を解く鍵は、旧世界の科学者が記した〈ゆまノート〉に隠されている…。電子オリジナルの長篇SF小説。

●有村とおる(ありむら・とおる)
1945年生まれ。早稲田大学卒業。IT・ネットワーク・ソフトウエア企業で30年以上の経験を有する。企業間エレクトロニック・コマース(B2B・EC)のパイオニア。2004年、死すべき人間に死の恐怖が埋め込まれた不条理をテーマにした『暗黒の城(ダーク・キャッスル)』が第5回小松左京賞を受賞。2011年、文鳥への愛情と財務省の不正な二重課税を描いた『ほらピーちゃんが飛んでいる』を電子書籍で上梓。日本SF作家クラブ会員。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暗黒の城(ダーク・キャッスル)

700円(+税)

有村 とおる

――

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
刀語 第二話 斬刀・鈍

770円(+税) (12/18まで)

西尾維新/竹

講談社BOX

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜伽の国の月光姫5

950円(+税)

青野海鳥/miyo.N

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜伽の国の月光姫

950円(+税)

青野海鳥/miyo.N

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
蜘蛛ですが、なにか? 2

1200円(+税)

馬場 翁/輝竜司

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おかしな転生II 蜂蜜の月

950円(+税)

古流望/結賀さとる

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • めがイラスト
小説 ガーリッシュ ナンバー2

日本国内のみ販売

渡航/QP:flapper/やむ茶/堂本裕貴

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水鏡推理4 アノマリー

680円(+税)

松岡圭祐

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
地を継ぐ子供たち

700円(+税)

有村 とおる

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら210コイン(※)
7 + 203コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです