ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

神様の裏の顔

著者
藤崎翔

あらすじ・内容

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。元お笑い芸人が描く驚がくのミステリ

神様のような清廉な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみで包まれ、誰もが涙した――と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり……。

電子書籍 読み放題
価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
388
配信開始日
2016/8/25
底本発行日
2016/8/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「神様の裏の顔」評価・レビュー

評価

4.3

おすすめコメント

  • 死人に口無し!?恩師の葬儀で言いたい放題!

    非の打ちどころのない善人っていると思いますか?

    誰もが慕う「坪井先生」の葬儀で思い出話に花を咲かせる参列者たち、「本当にいい人だったね…」で終わらないのが人間の怖いところ。

    あんなに尊敬していた恩師なのに、実は裏の顔があったかも…と話題が出ただけで、「実は私も…」と盛り上がり、殺人に援助交際、SM趣味、盗撮などなど出てくる疑惑。
    おいおい「みんな大好き坪井先生」じゃなかったのかと苦笑してしまう。
    これは思い込みか、真実か…。驚愕のラストまで小気味よい笑いとともにサクサク読める日常ミステリー。

    それにしても人の噂って、「実は私も思ってた」系って怖い…。
    自分が死んだら親族だけでひっそりと葬儀をしようと思います。

    2016/08/25

お得な情報