セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ひとしずくのなみだ

ひとしずくのなみだ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

宮下木花
ジャンル
文芸
レーベル
小さな鈴シリーズ
出版社名
銀の鈴社
配信開始日
2015年08月07日
ページ概数
129 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。この本の作者は11歳の少女です。作者宮下木花ちゃんは、弟の面倒をよくみるお姉ちゃんです。ザリガニとりに夢中になっているドロンコの弟に寄りそって感じたことが「グーくんのザリガニ」になりました。あるときは畑にも出かけます。親といっしょに農業のお手伝いです。大地を踏みながら自分の心、自分のことばで、のびやかな想像の世界がくりひろげられています。物語の登場人物のいきいきした会話は「土に足をついて生活するたしかな毎日」からにじみ出たことばたちです。とつぜん送られてきた原稿を、先入観もなく読むうちに、ぐいぐいひき込まれてしまいました。夏休みのある日、質問したいことがあってお電話をしたら、「今畑に行ってます。夕方には帰ります。」と木花ちゃんのお母さん。作者のことばのルーツを発見し、納得したのでした。銀の鈴社 編集部「ひとしずくのなみだ」に讃辞をくださった方々(敬称略)阿川弘之・秋山ちえ子・梅原猛・漆原智良・永六輔・城山三郎・志茂田景樹・立松和平ほか

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
いちばん大切な願いごと

350円(+税)

宮下木花

小さな鈴シリーズ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
偽物語(上)

910円(+税) (01/26まで)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
グイン・サーガ140 ヤーンの虜

600円(+税)

宵野ゆめ/天狼プロダクション

ハヤカワ文庫JA

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。...

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
王女が秘される童話 南瓜の王女の研...

550円(+税)

長尾彩子/宵マチ

集英社コバルト文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。...

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
文芸カドカワ 2017年1月号

450円(+税)

角川書店

文芸カドカワ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとしずくのなみだ

350円(+税)

宮下木花

小さな鈴シリーズ

コインUPキャンペーン対象商品
価格
350円 (+税)
378円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら69コイン(※)
3 + 66コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
50 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです