ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

白泉社 コイン40%還元
実用

論語と算盤

あらすじ・内容

孔子の教え(論語)に従い、利潤追求と社会貢献を両立させるための経営思想。渋沢栄一が後進の企業家のために語った、現代に通用する経営者、企業人必読の経営哲学バイブル。
●目次
格言五則
処世と信条
 論語と算盤は甚だ遠くして甚だ近いもの
 士魂商才
 天は人を罰せず
 人物の観察法
 論語は万人共通の実用的教訓
 時期を待つの要あり
 人は平等なるべし
 争いの可否
 大丈夫の試金石
 蟹穴主義が肝要
 得意時代と失意時代
立志と学問
 精神老衰の予防法
 現在に働け
 大正維新の覚悟
 秀吉の長所と短所
 自ら箸を取れ
 大立志と小立志との調和
 君子の争いたれ
 社会と学問との関係
 勇猛心の養成法
 一生涯に歩むべき道
常識と習慣
 常識とはいかなるものか
 口は禍福の門なり
 悪んでその美を知れ
 習慣の感染性と伝播力
 偉き人と完き人
 親切らしき不親切
 何をか真才真智という
 動機と結果
 人生は努力にあり
 正に就き邪に遠ざかるの道
仁義と富貴
 真正の利殖法
 効力の有無はその人にあり
 孔夫子の貨殖富貴観
 防貧の第一要義
 罪は金銭にあらず
 金力悪用の実例
 義理合一の信念を確立せよ
 富豪と徳義上の義務
 よく集めよく散ぜよ
理想と迷信
 道理ある希望を持て
 この熱誠を要す
 道徳は進化すべきか
 かくのごとき矛盾を根絶すべし
 人生観の両面
 これは果たして絶望か
 日新なるを要す
 修験者の失敗
 真正なる文明
 発展の一大要素
 廓清の急務なる所以
人格と修養
 楽翁公の幼時
 人格の標準は如何
 誤解されやすき元気
 二宮尊徳と西郷隆盛
 修養は理論ではない
 平生の心掛けが大切
 すべからくその原因を究むべし
 東照公の修養
 誤解されたる修養説を駁す
 権威ある人格養成法
 商業に国境なし
算盤と権利
 仁に当たっては師に譲らず
 金門公園の掛札
 ただ王道あるのみ
 競争の善意と悪意
 合理的の経営
実業と士道
 武士道は即ち実業道なり
 文明人の貪戻
 相愛忠恕の道をもって交わるべし
 天然の抵抗を征服せよ
 模倣時代に別れよ
 ここにも能率増進法あり
 果たして誰の責任ぞ
 功利学の弊を芟除すべし
 かくのごとき誤解あり
教育と情誼
 孝は強うべきものにあらず
 現代教育の得失
 偉人とその母
 その罪果たしていずれにありや
 理論より実際
 孝らしからぬ孝
 人物過剰の一大原因
成敗と運命
 それただ忠恕のみ
 失敗らしき成功
 人事を尽くして天命を待て
 湖畔の感慨
 順逆の二境はいずれより来るか
 細心にして大胆なれ
 成敗は身に残る糟粕

電子書籍
価格

199(税込)

181円 (+消費税18円)

付与コイン
1(*詳細)

作品情報

シリーズ
近代経済人文庫(千歳出版)
著者
レーベル
――
出版社
千歳出版
カテゴリ
実用
ページ概数
332
配信開始日
2023/2/3
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 本多静六自伝 体験八十五年

著: 本多静六

本多流の人生・仕事・蓄財哲学の実践論、エッセンスが凝縮された本多静六氏の最後の自伝。初のオリジナル版完全復刻で、明治・大正・昭和という激動の時代、世界を股にかけて活躍した日本男児の一大ノンフィクションとしても抜群の面白さを誇る。
●目次
自序
一、少年時代
二、苦学時代
三、大学生活を語る
四、ドイツ留学
五、教授時代
六、海外旅行
七、私の家庭生活
八、人と事業
九、「人生即努力」
十、あとがき

価格

199(税込)

181円 (+消費税18円)

「近代経済人文庫(千歳出版)」シリーズ作品一覧(全8冊)

199(税込)

  • 実用 論語と算盤

    孔子の教え(論語)に従い、利潤追求と社会貢献を両立させるための経営思想。渋沢栄一が後進の企業家のために語った、現代に通用する経営者、企業人必読の経営哲学バイブル。
    ●目次
    格言五則
    処世と信条
     論語と算盤は甚だ遠くして甚だ近いもの
     士魂商才
     天は人を罰せず
     人物の観察法
     論語は万人共通の実用的教訓
     時期を待つの要あり
     人は平等なるべし
     争いの可否
     大丈夫の試金石
     蟹穴主義が肝要
     得意時代と失意時代
    立志と学問
     精神老衰の予防法
     現在に働け
     大正維新の覚悟
     秀吉の長所と短所
     自ら箸を取れ
     大立志と小立志との調和
     君子の争いたれ
     社会と学問との関係
     勇猛心の養成法
     一生涯に歩むべき道
    常識と習慣
     常識とはいかなるものか
     口は禍福の門なり
     悪んでその美を知れ
     習慣の感染性と伝播力
     偉き人と完き人
     親切らしき不親切
     何をか真才真智という
     動機と結果
     人生は努力にあり
     正に就き邪に遠ざかるの道
    仁義と富貴
     真正の利殖法
     効力の有無はその人にあり
     孔夫子の貨殖富貴観
     防貧の第一要義
     罪は金銭にあらず
     金力悪用の実例
     義理合一の信念を確立せよ
     富豪と徳義上の義務
     よく集めよく散ぜよ
    理想と迷信
     道理ある希望を持て
     この熱誠を要す
     道徳は進化すべきか
     かくのごとき矛盾を根絶すべし
     人生観の両面
     これは果たして絶望か
     日新なるを要す
     修験者の失敗
     真正なる文明
     発展の一大要素
     廓清の急務なる所以
    人格と修養
     楽翁公の幼時
     人格の標準は如何
     誤解されやすき元気
     二宮尊徳と西郷隆盛
     修養は理論ではない
     平生の心掛けが大切
     すべからくその原因を究むべし
     東照公の修養
     誤解されたる修養説を駁す
     権威ある人格養成法
     商業に国境なし
    算盤と権利
     仁に当たっては師に譲らず
     金門公園の掛札
     ただ王道あるのみ
     競争の善意と悪意
     合理的の経営
    実業と士道
     武士道は即ち実業道なり
     文明人の貪戻
     相愛忠恕の道をもって交わるべし
     天然の抵抗を征服せよ
     模倣時代に別れよ
     ここにも能率増進法あり
     果たして誰の責任ぞ
     功利学の弊を芟除すべし
     かくのごとき誤解あり
    教育と情誼
     孝は強うべきものにあらず
     現代教育の得失
     偉人とその母
     その罪果たしていずれにありや
     理論より実際
     孝らしからぬ孝
     人物過剰の一大原因
    成敗と運命
     それただ忠恕のみ
     失敗らしき成功
     人事を尽くして天命を待て
     湖畔の感慨
     順逆の二境はいずれより来るか
     細心にして大胆なれ
     成敗は身に残る糟粕

    価格

    199(税込)

    181円 (+消費税18円)

  • 実用 渋沢百話

    論語の精神で経営のみならず、国家、社会、人生、処世、ビジネススキルについて縦横無尽かつ具体的に説いた百訓『青淵百話(渋沢百話)』から、『雨夜譚』との重複などを除く約70項目を精選。
    ●目次
    天命論
    人生観
    国家
    社会
    道理
    迷信
    統一的大宗教
    余が処世主義
    公生涯と私生涯
    天の使命
    余が家訓
    忠君愛国
    言忠信に行篤敬
    益友と損友
    敬意と敬礼
    一事一物も精神的たれ
    真誠の幸福
    口舌は福禍の門
    清濁併せ呑まざるの弁
    論語と算盤
    論語主義と権利思想
    米櫃演説
    商業の真意義
    日本の商業道徳
    武士道と実業
    新時代の実業家に望む
    事業経営に対する理想
    企業家の心得
    成功論
    成敗を意とするなかれ
    事業家と国家的観念
    富貴栄達と道徳
    危険思想の発生と実業家の覚悟
    当来の労働問題
    社会に対する富豪の義務
    就職難善後策
    地方繁栄策
    立志の工夫
    功名心
    現代学生気質
    頽廃せし師弟の情誼
    初めて世に立つ青年の心得
    役に立つ青年
    余が好む青年の性格
    会社銀行員の必要的資格
    衣食住
    貯蓄と貯蓄機関
    交際の心得
    人格の修養
    精神修養と陽明学
    常識の修養法
    習慣性について
    大事と小事
    意志の鍛錬
    克己心養成法
    元気振興の急務
    勇気の養い方
    健康維持策
    服従と反抗
    独立自営
    悲観と楽観
    逆境処世法
    傭者被傭者の心得
    過失の責め方
    激務処理法
    貧乏暇無しの説
    読書法

    価格

    199(税込)

    181円 (+消費税18円)

  • 実用 渋沢栄一自伝 雨夜譚

    尊王の志士から幕臣となり、異国の地パリで明治維新を迎えた渋沢栄一。維新の英傑たちとの交流や、新政府官僚を経て実業家となるまでの紆余転変を余すところなく語る。渋沢思想やそのエネルギッシュな生涯の原点に迫る傑作自伝。
    ■目次
    雨夜譚はしがき
    少年時代
    志を立てて郷関を出づ
    浪人生活
    一橋家出仕
    兵隊募集の苦心
    産業奨励と藩札発行
    幕府出仕
    外国行
    帰朝と形勢の一変
    静岡藩出仕と常平倉
    明治政府出仕
    在官中の事業
    退官と建白書

    価格

    199(税込)

    181円 (+消費税18円)

  • 実用 処世の大道

    「実験論語処世談(後に「処世の大道」と改題)」は、1915(大正4)年から約10年にわたり雑誌『実業之世界』に連載された、渋沢栄一の論語についての談話。ほぼ論語全章について章句と読み下し文、解釈、実体験(実験)が語られて、さらに徳川慶喜、西郷隆盛、大久保利通、井上馨、大隈重信など歴史上の人物に関する話題も豊富に盛り込まれている。完全版として、読みやすく新字新仮名、ルビ、注釈付記のうえ、初めて全69回700章以上の連載全文を復刊・電子化。

    価格

    199(税込)

    181円 (+消費税18円)

  • 実用 私の財産告白

    伝説の投資家・億万長者として知られる本多静六氏が、蓄財と投資哲学・手法、勤労家としての処世哲学を余すところなく説いた戦後の一大ベストセラー。
    ●目次
    私の略歴
    自序
    私の財産告白
     一、貧乏征伐と本多式貯金法
     二、金の貯め方・殖やし方
     三、最も難しい財産の処分法
     四、金と世渡り
     五、これからの投資鉄則
    私の体験社会学
     一、儲かるとき・儲からぬとき
     二、儲ける人・儲けさせる人
     三、人間的サラリーマン訓
     四、人を使うには・人に使われるには
     五、平凡人の成功法

    価格

    199(税込)

    181円 (+消費税18円)

  • 1
  • 2

付与コインの内訳

1コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「論語と算盤」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報