ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

子供の科学2021年12月号

あらすじ・内容

大人も楽しめる子ども向け科学雑誌

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 次世代を担う新技術! 水素エネルギー
水素はさまざまな物質からつくることができ、使用時に二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーです。
脱炭素や気候変動対策としても、水素は大きな注目を集めています。
水素はなぜ利用価値が高いのでしょうか? どうつくり、どう運び、社会の中でどう利用するのでしょう?
水素社会実現に向けた最新の取り組みを紹介します。

●2021年ノーベル賞研究解説
今年は医学・生理学賞を皮切りに、物理学賞、化学賞が発表されました。
いずれも、私たちの社会に大きな影響を与える重要な研究ばかりでした。
この3分野それぞれについて、受賞対象となった研究を解説します。

●地球の歴史を秘めた驚きの痕跡 ウンチ化石のミステリー
恐竜などの古生物を研究する上で欠かせないのが化石です。
生物の行動が痕跡として残された「生痕化石」の研究が行われています。
生痕化石の中でも古生物の排泄物の化石、つまり“ウンチ化石”を研究している千葉大学の泉賢太郎先生に、生痕化石やウンチ化石の研究についてくわしくお話を聞きました。

●世界を変えた科学と実験 静電気をためる! フランクリンのライデンびん
今回は、プラスチックのコップやアルミホイルなどを使って静電気をためる実験をご紹介。
成功するとパチンと音がして火花が飛ぶおもしろい実験で、放電のしくみもわかります。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 ナイフを使ってみよう!
「生きる技術」の中で、ナイフを正しく使えることは最も重要です。
もちろん、災害時にもとても役立つ道具です。
もし、あなたがナイフを使ったことがないなら、ここで紹介する方法でナイフの正しい使い方をマスターしましょう。

電子書籍
価格

734(税込)

667円 (+消費税67円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
子供の科学
著者
レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
カテゴリ
実用
ページ概数
118
配信開始日
2021/11/12
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 子供の科学2022年2月号

著者: 子供の科学編集部

※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

★特集 世界初の偽造防止技術とは? キャッシュレス決済の未来はどうなる? 新しいお金のしくみ
みなさんはもう、新しい500円硬貨を手に入れましたか?
2024年からはお札のデザインも新しくなりますよね。
そこで、最新技術を駆使した貨幣の偽造防止策から、キャッシュレス決済のしくみや、暗号資産まで、みなさんに知ってほしい「新しいお金」の情報を紹介します。

●ノーベル物理学賞受賞 真鍋淑郎先生はココがスゴい! 気候モデルってなんだ? 
昨年のノーベル物理学賞は、地球の気候変動を予測する「気候モデル」の開発に貢献した、プリンストン大学の真鍋淑郎先生らに贈られました。
そこで、気候変動の研究をしている海洋研究開発機構の河宮未知生先生に「気候モデル」について解説してもらいました。

●世界を変えた科学と実験 ペットボトルに雲が発生! ボイル&シャルルの気体の体積・温度実験
近代化学の基礎を築いた科学者の一人であるイギリスのロバート・ボイルと、気体を熱したときの膨張について研究を行ったフランスのジャック・シャルル。
彼らによって確立された有名な法則を、手軽な材料を使って実験で試してみましょう。

●はじめようジブン専用パソコン 古くて新しい? BASIC言語を使ってみよう
今から40年ほど前、趣味としてのパソコン(マイコン)が家庭に入り始めました。
そのために使われていたのが「BASIC」というプログラミング言語。
今月は、このベーシック言語にチャレンジしてみましょう。

●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 身近にある食料を食べてみよう
日本ではこの30年間で、天候不良による米の不作と、東日本大震災後、つまり2度、日本で食糧危機が起きています。
今回は、身近にある食料を確保する方法と、食べるための工夫を見ていきましょう。

価格

734(税込)

667円 (+消費税67円)

「子供の科学」シリーズ作品一覧(全68冊)

612円〜734(税込)

  • 実用 子供の科学2022年2月号

    ※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

    ★特集 世界初の偽造防止技術とは? キャッシュレス決済の未来はどうなる? 新しいお金のしくみ
    みなさんはもう、新しい500円硬貨を手に入れましたか?
    2024年からはお札のデザインも新しくなりますよね。
    そこで、最新技術を駆使した貨幣の偽造防止策から、キャッシュレス決済のしくみや、暗号資産まで、みなさんに知ってほしい「新しいお金」の情報を紹介します。

    ●ノーベル物理学賞受賞 真鍋淑郎先生はココがスゴい! 気候モデルってなんだ? 
    昨年のノーベル物理学賞は、地球の気候変動を予測する「気候モデル」の開発に貢献した、プリンストン大学の真鍋淑郎先生らに贈られました。
    そこで、気候変動の研究をしている海洋研究開発機構の河宮未知生先生に「気候モデル」について解説してもらいました。

    ●世界を変えた科学と実験 ペットボトルに雲が発生! ボイル&シャルルの気体の体積・温度実験
    近代化学の基礎を築いた科学者の一人であるイギリスのロバート・ボイルと、気体を熱したときの膨張について研究を行ったフランスのジャック・シャルル。
    彼らによって確立された有名な法則を、手軽な材料を使って実験で試してみましょう。

    ●はじめようジブン専用パソコン 古くて新しい? BASIC言語を使ってみよう
    今から40年ほど前、趣味としてのパソコン(マイコン)が家庭に入り始めました。
    そのために使われていたのが「BASIC」というプログラミング言語。
    今月は、このベーシック言語にチャレンジしてみましょう。

    ●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 身近にある食料を食べてみよう
    日本ではこの30年間で、天候不良による米の不作と、東日本大震災後、つまり2度、日本で食糧危機が起きています。
    今回は、身近にある食料を確保する方法と、食べるための工夫を見ていきましょう。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2022年1月号

    ※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。デジタル版の別冊付録のすごろくは取り外しできません。

    ★特集 知られざる戦国~江戸時代の科学技術が結集 お城へGO!!
    かつて、日本に4~5万ものお城があったのを知っていますか?
    お城は戦うための要塞であり、城主が政治を行う施設でもありました。
    迫り来る敵を撃退する知恵と工夫があちこちに隠され、城主の威厳を示す豪華なお城にするための技術がたくさん詰まっています。
    最近は科学的な調査によって、そうした400年前の技術が解き明かされつつあります。
    知られざる、強さと美しさの秘密に迫ってみましょう。

    ●キミの企画がKoKaをつくる! 第2回読者編集会議採用企画
    「やってほしい!」と思う企画のアイディアを読者のみんなが提案し、編集部と一緒に内容を練り上げて実現する企画が「読者編集会議」です。
    第2弾となる今回は、2人の読者の企画が採用され、「メディアアーティスト」と「プログラマー」のお仕事についてお話を聞いてきました。

    ●世界を変えた科学と実験 1枚の翼で滑空! リリエンタールの単翼グライダー
    エンジンつき飛行機はライト兄弟が最初といわれていますが、グライダーのように滑空する飛行機は、それ以前に何人かが有人飛行に成功しています。
    今回は、その代表的な人物、ドイツのオットー・リリエンタールが考えたアイディアをもとに、単翼グライダーをつくって「よく飛ぶしくみ」を調べてみましょう。

    ●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 生きのびるための移動術
    人が移動すると、それだけで何らかの危険に出会う可能性があります。
    自然災害などが発生し、今いる場所が安全でなくなったときは、すぐに移動を考えなければいけません。
    今回は「荷物を持って安全に移動する技術」を一緒に見ていきましょう。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2021年12月号

    ※デジタル版のとじ込み付録の型紙は切り取ることができません。

    ★特集 次世代を担う新技術! 水素エネルギー
    水素はさまざまな物質からつくることができ、使用時に二酸化炭素(CO2)を出さないクリーンエネルギーです。
    脱炭素や気候変動対策としても、水素は大きな注目を集めています。
    水素はなぜ利用価値が高いのでしょうか? どうつくり、どう運び、社会の中でどう利用するのでしょう?
    水素社会実現に向けた最新の取り組みを紹介します。

    ●2021年ノーベル賞研究解説
    今年は医学・生理学賞を皮切りに、物理学賞、化学賞が発表されました。
    いずれも、私たちの社会に大きな影響を与える重要な研究ばかりでした。
    この3分野それぞれについて、受賞対象となった研究を解説します。

    ●地球の歴史を秘めた驚きの痕跡 ウンチ化石のミステリー
    恐竜などの古生物を研究する上で欠かせないのが化石です。
    生物の行動が痕跡として残された「生痕化石」の研究が行われています。
    生痕化石の中でも古生物の排泄物の化石、つまり“ウンチ化石”を研究している千葉大学の泉賢太郎先生に、生痕化石やウンチ化石の研究についてくわしくお話を聞きました。

    ●世界を変えた科学と実験 静電気をためる! フランクリンのライデンびん
    今回は、プラスチックのコップやアルミホイルなどを使って静電気をためる実験をご紹介。
    成功するとパチンと音がして火花が飛ぶおもしろい実験で、放電のしくみもわかります。

    ●学校でも塾でも教えてくれない生きる技術 ナイフを使ってみよう!
    「生きる技術」の中で、ナイフを正しく使えることは最も重要です。
    もちろん、災害時にもとても役立つ道具です。
    もし、あなたがナイフを使ったことがないなら、ここで紹介する方法でナイフの正しい使い方をマスターしましょう。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2021年11月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★特集 脱炭素はナゼ必要? 今すぐ知りたい!! 気候変動
    近年は世界各地で大洪水や熱波、山火事、干ばつといった現象がたびたび起こり、地球の「気候変動」が大きな問題になっています。
    そもそも気候変動とは何なのでしょうか?
    地球環境にどんな影響があり、どうすれば温暖化を止められるのでしょう?
    報告書作成に携わった2人の気候科学研究者にお話を聞きました。

    ●先端技術で楽しくて快適な食事をサポート! 飲食店のロボットたち
    新型コロナウイルス感染症や人手不足の影響で、飲食店に変化が現れています。
    感染予防に役立つ非接触・非対面という利点だけでなく、より快適に食事を楽しむためにも、ロボットが活用されています。
    そんな飲食店の最先端を取材しました。

    ●読んでいるのはどんな人? KoKa読者白書2021
    読者のみなさんが送ってくれるアンケートを集計・分析し、その結果を大発表する特別企画。
    読者の学年や都道府県、習い事、将来の夢、おうち時間の過ごし方まで、さまざまなQ&Aを紹介。
    『子供の科学』の読者像に迫ります!

    ●世界を変えた科学と実験 水蒸気の力で缶が回転! ヘロンの元祖・蒸気タービン
    火力発電や原子力発電の基本のしくみがわかる実験をご紹介。
    まずは蒸気で回転する装置をつくり、低電圧で光るLEDを使って、発電にチャレンジします。

    ●別冊付録 モノのしくみがよくわかる サイエンス&テクノロジーまる見えポスター エレベーターとエスカレーターのしくみ
    身近なモノを徹底解剖するポスター付録第2弾!
    今回のテーマは「エレベーターとエスカレーターのしくみ」です。
    普段見ることのできない内部構造や各パーツの働きを、たっぷりの絵や写真とともに紹介します。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

  • 実用 子供の科学2021年10月号

    ※デジタル版の別冊付録のポスターは取り外しできません。

    ★特集 キミはどっち派? 最高の相棒決定戦!! イヌVSネコ
    ペットの王道といえば、イヌとネコ以外には考えられません。
    しかしイヌやネコを飼っている人でも、どんな動物なのかは案外知らないのではないでしょうか?
    そこで、イヌやネコに詳しい動物学者の今泉忠明先生にお話を聞きました。

    ●発酵と腐るはどう違う? おいしさをつくる微生物のはたらきに迫る! クサ~い食べ物のヒミツ
    世の中にはクサ~い食べ物がたくさんあります。
    それらがクサ~いのに食べられる理由は、「発酵」というしくみが鍵を握っているようです。
    発酵ってなんだろう? 腐っているのとは違うの? そんな疑問について知るために、明治大学の中島春紫先生にお話を聞きました。

    ●世界を変えた科学と実験 100円ショップのレンズで挑戦! ヨハネス・ケプラーのケプラー式望遠鏡
    月がきれいに見える日は、望遠鏡で見てみたい人も多いはず。
    でも、残念ながら望遠鏡を持っていない、そんな人におすすめなのが、100円ショップで手に入る材料でつくる「ケプラー式望遠鏡」。
    なぜ遠くの物が大きく見えるのか、その原理も解説しています。

    ●学校でも塾でも教えてくれない 生きる技術 たき火で料理をつくって食べよう!
    たき火料理をおいしくつくるには、炎の状態をしっかり見ることが大切です。
    手軽な串焼きから、かたまり肉の調理、本格的なバウムクーヘンまで、おいしいたき火料理をつくってみましょう!

    ●別冊付録 モノのしくみがよくわかる サイエンス&テクノロジーまる見えポスター デジタルカメラのしくみ
    身近なモノを徹底解剖するポスター付録が登場!
    第1弾のテーマは「デジタルカメラのしくみ」です。
    カメラや写真が好きな子に超オススメです。

    価格

    734(税込)

    667円 (+消費税67円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「子供の科学2021年12月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報