ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

Linuxコマンドライン入門  6日目 シェルを活用するテクニック

著者
大津真
価格
600円 600 (+税)
獲得コイン
今なら 180 コイン 2017/11/25 09:59まで

獲得コイン180コインの内訳

通常購入分
6コイン
コインUPキャンペーン分
+174コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

いろいろなシェルの活用法

本書はパート1(1日目)~パート6(6日目)の6分冊として提供します。各パートは4つのセクションからなり、実際の入門講座でも使用できるように、ひとつのセクションが約1時間を目安に完了するように構成されています。
最終日である6日目では、これまでのまとめとしてシェルの活用方法と環境設定について解説します。まず、1時間目と2時間目ではシェルをより便利に活用するためのテクニックについて説明します。3時間目では、コマンドラインで同じ処理を行う場合に便利なシェルスクリプトの作成方法を説明します。4時間目では、自分が使いやすいようにシェル環境を設定する方法について説明します。
【目次】
1時間目 シェルを賢く使う(1)
 1-1 ワイルドカードをもっと便利に
 1-2 特殊文字の働きを打ち消す
 1-3 コマンド履歴をもっと便利に
  ◎練習問題

2時間目 シェルを賢く使う(2)
 2-1 シェル変数とは
 2-2 シェル変数を使ってみよう
 2-3 フォアグランド・ジョブとバックグラウンド・ジョブ
 2-4 ジョブを操作する
  ◎練習問題

3時間目 シェルスクリプトに挑戦
 3-1 for文を使ってみよう
 3-2 for文にはワイルドカードも使える
 3-3 for文を使用した拡張子の変換
 3-4 はじめてのシェルスクリプト
  ◎練習問題

4時間目 シェルの環境を整備する
 4-1 組み込みシェル変数
 4-2 シェルのオプション
 4-3 起動したプログラムに引き継がれる環境変数
 4-4 コマンドに別名を付けるエイリアス
 4-5 シェルの環境設定ファイル
  ◎練習問題

(C)2014 Makoto Otsu All right reserved.

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「Linuxコマンドライン入門  6日目 シェルを活用するテクニック」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
100

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/8/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「Linuxコマンドライン入門  6日目 シェルを活用するテクニック」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面