セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

鏡の迷宮、白い蝶 美波の事件簿5

鏡の迷宮、白い蝶 美波の事件簿5-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

谷原秋桜子
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
美波の事件簿
出版社名
東京創元社
配信開始日
2015年11月20日
ページ概数
334 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

『水島のじいちゃん』の名代で、西遠寺家の人々と共にかのこの許嫁の別荘へ、猫のケンゾウを連れて向かうことになった藤代修矢。招かれた別荘の隣には有名な万華鏡作家が住んでいた。認知症になってしまったその隣人は、大きなダイヤモンドを所持していたのだが、置き場所のヒントをメモに残していて……(表題作)。周りで起きる奇妙な事件の真相を、『水島のじいちゃん』が華麗に解き明かしていく。修矢・かのこ編二作、美波・直海編二作に、書き下ろし一作を含む、ライトな本格ミステリ短編集。好評《美波の事件簿》シリーズ、前日譚第二弾。/解説=太田忠司

(c)谷原秋桜子/東京創元社

美波の事件簿 ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天使が開けた密室 美波の事件簿1

600円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
龍の館の秘密 美波の事件簿2

600円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
砂の城の殺人 美波の事件簿3

600円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鏡の迷宮、白い蝶 美波の事件簿5

630円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
手焼き煎餅の密室 美波の事件簿4

600円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

これもおすすめ! ( / )

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
極上男子シリーズ~エリート外交官の...

200円(+税) (03/02まで)

水守恵蓮

マカロン文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語

580円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
バチカン奇跡調査官 ゾンビ殺人事件

600円(+税)

藤木稟

角川ホラー文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
有頂天家族 二代目の帰朝

1360円(+税)

森見登美彦

幻冬舎単行本

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ドリームダスト・モンスターズ 眠り...

551円(+税)

櫛木理宇

幻冬舎文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
境界探偵モンストルム (2)

800円(+税)

十文字青/晩杯あきら

NOVEL 0

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
有頂天家族

600円(+税)

森見登美彦

幻冬舎文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第四幕

600円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
鏡の迷宮、白い蝶 美波の事件簿5

630円(+税)

谷原秋桜子

創元推理文庫

価格
630円 (+税)
680円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
330 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです