電子書籍 僕がコントや演劇のために考えていること 実用

著: 小林賢太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

僕がコントや演劇のために考えていること あらすじ・内容

「アイデアは思いつくというよりたどりつくもの」。面白くて、美しくて、不思議な世界を創造し続ける希代の劇作家にしてパフォーミングアーティストが初めて明かす、99の“創作の源”。

この作品を共有

「僕がコントや演劇のために考えていること」最新巻

「アイデアは思いつくというよりたどりつくもの」。面白くて、美しくて、不思議な世界を創造し続ける希代の劇作家にしてパフォーミングアーティストが初めて明かす、99の“創作の源”。

「僕がコントや演劇のために考えていること」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 芸能
ページ数
142ページ (僕がコントや演劇のために考えていること)
配信開始日
2017年2月17日 (僕がコントや演劇のために考えていること)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad