電子書籍 強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く 新書

著: 大栗博司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く あらすじ・内容

宇宙には「四つの力」が働いている。私たちを地球につなぎとめる「重力」と電気や磁石の力である「電磁気力」は古くから知られていた。二十世紀に入り「強い力」と「弱い力」が発見され、この新しい力を説明するために考え出されたのがヒッグス粒子だ。その発見により、人類が叡智を傾けて築き上げてきた理論の、最後のピースが埋まった。それは、ヒッグス粒子の魔法によって覆い隠された、自然界の美しい法則を明らかにする営みでもあった。やさしくロマンあふれる語り口で宇宙創成の謎に迫る、知的冒険の書。

この作品を共有

「強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く」最新刊

宇宙には「四つの力」が働いている。私たちを地球につなぎとめる「重力」と電気や磁石の力である「電磁気力」は古くから知られていた。二十世紀に入り「強い力」と「弱い力」が発見され、この新しい力を説明するために考え出されたのがヒッグス粒子だ。その発見により、人類が叡智を傾けて築き上げてきた理論の、最後のピースが埋まった。それは、ヒッグス粒子の魔法によって覆い隠された、自然界の美しい法則を明らかにする営みでもあった。やさしくロマンあふれる語り口で宇宙創成の謎に迫る、知的冒険の書。

「強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 学問
ページ数
331ページ (強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く)
配信開始日
2017年2月17日 (強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad