電子書籍 愚連隊列伝 実用

著: 山平重樹 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愚連隊列伝 モロッコの辰 あらすじ・内容

横浜中の親分を震えあがらせ、不良を痺れさせたアナーキーでダンディな愚連、モロッコの辰。組織や束縛を嫌い、完全な自由人であり続けた男が貫いた一生の美学は多くの若者に影響を与えた。新聞社内で拳銃自殺決行という衝撃の最期を遂げた野村秋介の魂の源もここだった! 辰に憧れ、その死後も生き様を継承した男たちを描く鮮烈な愚連隊ノンフィクションノベル第一弾!

この作品を共有

「愚連隊列伝」最新刊

新聞紙上を騒がせ、堅気さえも頼った私設銀座警察にはあるカリスマ・ヤクザがいた。彼はヤクザ界だけでなく、政財界、警察にも信者を獲得し、裏社会の流れを変える男と評された逸材だったが……。混沌とした戦後の銀座を大いなる夢と野望を抱き、疾風のように駆け抜けた愚連隊の生涯を爽やかに描く愚連隊ノンフィクションノベルシリーズ第四弾。

「愚連隊列伝」作品一覧

(4冊)

627〜757(税込)

まとめてカート

横浜中の親分を震えあがらせ、不良を痺れさせたアナーキーでダンディな愚連、モロッコの辰。組織や束縛を嫌い、完全な自由人であり続けた男が貫いた一生の美学は多くの若者に影響を与えた。新聞社内で拳銃自殺決行という衝撃の最期を遂げた野村秋介の魂の源もここだった! 辰に憧れ、その死後も生き様を継承した男たちを描く鮮烈な愚連隊ノンフィクションノベル第一弾!

昭和初期、不良勢力が覇を競う一大盛り場の新宿で、愚連隊を次々と屈服させ群雄割拠の街を制した万年東一。金も名誉も欲しがらず自らの信念だけを貫いた男は戦前、安部磯雄社会大衆党党首襲撃事件を起こし、戦後は名の売れたヤクザを配下から綺羅星のように輩出する。そのダンディズムに溢れた生涯を爽快に描く愚連隊ノンフィクションノベル第二弾。

愚連隊の元祖と呼ばれ新宿を制覇した万年東一の本流に連なり、後に新宿(ジュク)の帝王と呼ばれた男――加納貢は、渋谷を制圧した兄弟分の安藤昇とともに向かう敵を薙ぎ倒し続けていく。常に己の拳を信じ、米兵までも殴り倒してきた男が見た夢とは? 戦後の無秩序と混乱の新宿を駆け抜けた男の破天荒な青春を描く愚連隊ノンフィクションノベル第三弾。

「愚連隊列伝」の作品情報

レーベル
幻冬舎アウトロー文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 社会 学問
ページ数
466ページ (愚連隊列伝 モロッコの辰)
配信開始日
2017年2月10日 (愚連隊列伝 モロッコの辰)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad