電子書籍 昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃 新書

著: 中川右介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃 あらすじ・内容

昭和45年11月25日、三島由紀夫、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹、介錯される――。一人の作家がクーデターに失敗し自決したにすぎないあの日、何故あれほど日本全体が動揺し、以後多くの人が事件を饒舌に語り記したか。そして今なお真相と意味が静かに問われている。文壇、演劇・映画界、政界、マスコミの百数十人の事件当日の記録を丹念に拾い、時系列で再構築し、日本人の無意識なる変化をあぶり出した新しいノンフィクション。

この作品を共有

「昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃」最新刊

昭和45年11月25日、三島由紀夫、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹、介錯される――。一人の作家がクーデターに失敗し自決したにすぎないあの日、何故あれほど日本全体が動揺し、以後多くの人が事件を饒舌に語り記したか。そして今なお真相と意味が静かに問われている。文壇、演劇・映画界、政界、マスコミの百数十人の事件当日の記録を丹念に拾い、時系列で再構築し、日本人の無意識なる変化をあぶり出した新しいノンフィクション。

「昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 ノンフィクション
ページ数
279ページ (昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃)
配信開始日
2017年2月17日 (昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad