電子書籍 新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます 実用

著: 鈴木おさむ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます あらすじ・内容

放送作家・鈴木おさむがヒット企画を生み出す全ての手の内を明かした衝撃の一冊!
全ての業界で応用可能な驚くほど実戦的な「手法」と「心得」。
良い企画が思い浮かばない方はこの本を手にとってみてください。
【本書で紹介する55の企画術の一部抜粋】
●器を変えるだけでありふれたものが生まれ変わる
●自分に興味を持ってもらうことが「企画」の第一歩
●福神漬けにこだわったカレーライス!?
●[近いもの]×[遠いもの]で新鮮さを演出
●タイトルは「ネガティブ×ポジティブ」が基本
●「鼻につく」>「記憶に残らない」
●「保険」を作っておく重要性
●遠慮があると中途半端な企画にしかならない
●ポイントは一回バカになれるかどうか

【特別対談】
×Netflix株式会社 代表取締役社長 グレッグ・ピーターズ
「テレビ後の新時代に求められるコンテンツとは」

この作品を共有

「新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます」最新刊

放送作家・鈴木おさむがヒット企画を生み出す全ての手の内を明かした衝撃の一冊!
全ての業界で応用可能な驚くほど実戦的な「手法」と「心得」。
良い企画が思い浮かばない方はこの本を手にとってみてください。
【本書で紹介する55の企画術の一部抜粋】
●器を変えるだけでありふれたものが生まれ変わる
●自分に興味を持ってもらうことが「企画」の第一歩
●福神漬けにこだわったカレーライス!?
●[近いもの]×[遠いもの]で新鮮さを演出
●タイトルは「ネガティブ×ポジティブ」が基本
●「鼻につく」>「記憶に残らない」
●「保険」を作っておく重要性
●遠慮があると中途半端な企画にしかならない
●ポイントは一回バカになれるかどうか

【特別対談】
×Netflix株式会社 代表取締役社長 グレッグ・ピーターズ
「テレビ後の新時代に求められるコンテンツとは」

「新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
実用 ビジネス 自己啓発・生き方
ページ数
261ページ (新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます)
配信開始日
2017年2月10日 (新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad