電子書籍 私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意 文芸・小説

著: 金子兜太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意 あらすじ・内容

「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います――」
「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」
御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが大正昭和平成にわたって過ごした日々から溢れた本音を俳句とともに語ったエッセイ。
これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。

この作品を共有

「私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意」最新刊

「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います――」
「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」
御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが大正昭和平成にわたって過ごした日々から溢れた本音を俳句とともに語ったエッセイ。
これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。

「私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
195ページ (私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意)
配信開始日
2017年2月10日 (私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad