電子書籍 完本 妖星伝 文芸・小説

著者: 半村良 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

完本 妖星伝(1)鬼道の巻・外道の巻 あらすじ・内容

神道とともに発生し、超常能力をもって歴史の闇で暗躍してきた異端の集団・鬼道衆。彼らの出没する処、必ず戦乱と流血、姦と淫が交錯する。八代将軍・吉宗が退いた今、鬼道衆の跳梁が再び開始された!人類の破壊と再生を壮大なスケールで描く大河伝奇巨編!

この作品を共有

「完本 妖星伝」最新刊

神道とともに発生し、超常能力をもって歴史の闇で暗躍してきた異端の集団・鬼道衆。彼らの出没する処、必ず戦乱と流血、姦と淫が交錯する。八代将軍・吉宗が退いた今、鬼道衆の跳梁が再び開始された!人類の破壊と再生を壮大なスケールで描く大河伝奇巨編、全3作が合冊版で登場!

「完本 妖星伝」作品一覧

(4冊)

880〜2,750(税込)

まとめてカート

神道とともに発生し、超常能力をもって歴史の闇で暗躍してきた異端の集団・鬼道衆。彼らの出没する処、必ず戦乱と流血、姦と淫が交錯する。八代将軍・吉宗が退いた今、鬼道衆の跳梁が再び開始された!人類の破壊と再生を壮大なスケールで描く大河伝奇巨編!

歴史に退廃と戦乱あれば、陰に必ず異能集団・鬼道衆の存在があった。彼らは今、徳川政権を混乱、腐敗させるため田沼意次の台頭に加担し始めた!折しも全国に蔓延する大飢饉と百姓一揆の数々。この世に地獄を見せるのが目的か――。伝奇文学の最高傑作第二弾!

鬼道衆の思惑どおり、江戸中期の日本は頽廃の極致に陥っていた。田沼政権の腐敗政治、蔓延する大飢饉と百姓一揆、人間の本能がなせる醜い争いの数々…。この世の生とは?地球は“妖星”なのか?20年の歳月をかけて鬼才半村良が辿り着いた“人類と宇宙の摂理”を問う空前の一大巨編、ここに完結!

「完本 妖星伝」の作品情報

レーベル
祥伝社文庫
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸・小説 時代小説 伝奇 歴史
ページ数
827ページ (完本 妖星伝(1)鬼道の巻・外道の巻)
配信開始日
2013年11月26日 (完本 妖星伝(1)鬼道の巻・外道の巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad