電子書籍 謹訳源氏 帖 文芸・小説

著者: 林望 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

謹訳 源氏物語 第一帖 桐壺(帖別分売) あらすじ・内容

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第1帖。とびぬけて高位の家柄の出というのでもない桐壺の更衣という人が、帝のご寵愛を一身に受けていた。桐壺の更衣は、玉のように光る男君(源氏)を産むが、ほどなく逝去。深く嘆いた帝は、桐壺によく似た藤壺の女御を入内させるのであった。

この作品を共有

「謹訳源氏 帖」最新刊

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第54帖。薫28歳。薫は横川の僧都を訪ね、小野で出家した女について詳しく尋ねる。死んだと諦めていた浮舟だと確信した薫は、僧都に浮舟のいる小野への案内を頼むが、断わられる。代わりに、翌日、浮舟の弟の小君を使いに出すが、浮舟は小君にも会わず……。

「謹訳源氏 帖」作品一覧

(54冊)

110〜770(税込)

まとめてカート

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第1帖。とびぬけて高位の家柄の出というのでもない桐壺の更衣という人が、帝のご寵愛を一身に受けていた。桐壺の更衣は、玉のように光る男君(源氏)を産むが、ほどなく逝去。深く嘆いた帝は、桐壺によく似た藤壺の女御を入内させるのであった。

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第2帖。源氏17歳の夏。梅雨の長雨が続くある宵、正妻・葵上の兄の頭中将が源氏のもとを訪ねてくる。左馬頭、藤式部丞も加わり、四人はこれまでの体験・見聞をもとに、世の女たちの品定めを始めるのだった(「雨夜の品定め」)。

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第3帖。源氏17歳の夏。空蝉を忘れられない源氏は、紀伊の守の留守の邸を訪れる。紀伊の守の妹である軒端の荻と空蝉が二人で碁を打っている様を覗き見る源氏。その夜、閨に忍び入る源氏の気配に気づいた空蝉は、すっと寝床を抜け出てしまい……。

「謹訳源氏 帖」の作品情報

レーベル
――
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
51ページ (謹訳 源氏物語 第一帖 桐壺(帖別分売))
配信開始日
2013年11月26日 (謹訳 源氏物語 第一帖 桐壺(帖別分売))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad