電子書籍 牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 新書

著: 坂口孝則 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 あらすじ・内容

牛丼屋は安さの限界を追求する。よって並盛り一杯350円の儲けは、およそ9円。だが、利益を伸ばす余地はまだある。材料費が10円下がれば、同じ値段でも儲けは倍になるのだ。かように、どんな業種も仕入れの工夫でさらに利幅を増やすことができる。いってみれば、仕入れほど、売り手と買い手が激しい価格交渉を繰り返し、互いの知恵を戦わせる分野もない。仕入れがわかれば、モノの値段と利益の本質が見える!

この作品を共有

「牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学」最新刊

牛丼屋は安さの限界を追求する。よって並盛り一杯350円の儲けは、およそ9円。だが、利益を伸ばす余地はまだある。材料費が10円下がれば、同じ値段でも儲けは倍になるのだ。かように、どんな業種も仕入れの工夫でさらに利幅を増やすことができる。いってみれば、仕入れほど、売り手と買い手が激しい価格交渉を繰り返し、互いの知恵を戦わせる分野もない。仕入れがわかれば、モノの値段と利益の本質が見える!

「牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 経済
ページ数
196ページ (牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学)
配信開始日
2017年2月10日 (牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad