電子書籍 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 新書

著: 大栗博司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る あらすじ・内容

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

この作品を共有

「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」最新刊

私たちを地球につなぎ止めている重力は、宇宙を支配する力でもある。重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は10次元だと考える超弦理論へ。重力をめぐる冒険の物語。

「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 学問
ページ数
377ページ (重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る)
配信開始日
2017年2月10日 (重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad