電子書籍 悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 新書

著: プラユキ・ナラテボー  著: 魚川祐司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 あらすじ・内容

ブッダは、人生の「苦」から抜け出すには、出家して修行、すなわち瞑想を実践することで、煩悩を解脱した「悟り」に至らなくてはならないと説いた。
では出家したくないのはもちろん、欲望を捨てたくない、悟りも目指したくない「普通の人」は、「苦」から逃れられないのか? 「普通の人」の生活にブッダの教えはどう役立つのか? 瞑想をすると何が変わるのか?
タイで三十年近く出家生活を送る日本人僧侶と気鋭の仏教研究者が、スリリングな対話を通して「実践する仏教」の本質に迫る。

この作品を共有

「悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門」最新刊

ブッダは、人生の「苦」から抜け出すには、出家して修行、すなわち瞑想を実践することで、煩悩を解脱した「悟り」に至らなくてはならないと説いた。
では出家したくないのはもちろん、欲望を捨てたくない、悟りも目指したくない「普通の人」は、「苦」から逃れられないのか? 「普通の人」の生活にブッダの教えはどう役立つのか? 瞑想をすると何が変わるのか?
タイで三十年近く出家生活を送る日本人僧侶と気鋭の仏教研究者が、スリリングな対話を通して「実践する仏教」の本質に迫る。

「悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門」の作品情報

レーベル
幻冬舎新書
出版社
幻冬舎
ジャンル
新書 宗教
ページ数
262ページ (悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門)
配信開始日
2017年2月10日 (悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad