電子書籍 「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫) ラノベ

著者: サトウとシオ  イラストレーター: 和狸ナオ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

61ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 あらすじ・内容

ド田舎からとんでもない奴がやってきた!?

読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!
「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!
秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞≪優秀賞≫受賞作、ついに刊行!
◆第8回GA文庫大賞・選評コメントより抜粋
自己評価と実力にギャップがありすぎる素直な少年が、ひたすら勘違いを繰り返しながらも無自覚な大金星を挙げまくるというファンタジーコメディです。
自分の強さに無自覚どころか、むしろ弱い方だと思いこんでいる純真無垢なロイドくんの謙虚で天然な姿が笑いを誘います。また、彼の実力に気がついてしまっている人たちのリアクションがいずれも面白く、過剰に怯えたり、惚れこんでしまったりと周りを含めてギャグになっています。そうしたギャグの切れ味とキャラクターの魅力が特に秀でており、受賞となりました。

この作品を共有

「「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)」を見ている人にこれもおすすめ

「「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)」最新刊

シリーズ累計30万部突破の絶好調・無自覚無双ファンタジー、第5弾!!

「ただいま、村のみんな!」
無自覚最強少年ロイド、里帰り!?

怪人ソウとの戦いで弱体化したアルカのためにアザミ王国の面々はロイドの故郷・コンロンを訪れて……?

「矢文が山頂から直接届くの!?」
「屋根から屋根へ近道感覚だと!?」
「魔王が子供に泣かされてるぅ!?」

伝説の村の『日常』に一同呆然!

そんな楽しい里帰りの裏。ロイド不在の王都に危機が迫る。
村人誰もが間に合わないと言うもののロイドは決して諦めず……

「僕、行きます。約束ですから!」

村でいちばん弱かった少年だけど信じる心は誰にも負けない!!
コンロン帰郷でさらに絶好調の勘違い無双ファンタジー第5弾! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)」作品一覧

(5冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!
「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!
秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞≪優秀賞≫受賞作、ついに刊行!
◆第8回GA文庫大賞・選評コメントより抜粋
自己評価と実力にギャップがありすぎる素直な少年が、ひたすら勘違いを繰り返しながらも無自覚な大金星を挙げまくるというファンタジーコメディです。
自分の強さに無自覚どころか、むしろ弱い方だと思いこんでいる純真無垢なロイドくんの謙虚で天然な姿が笑いを誘います。また、彼の実力に気がついてしまっている人たちのリアクションがいずれも面白く、過剰に怯えたり、惚れこんでしまったりと周りを含めてギャグになっています。そうしたギャグの切れ味とキャラクターの魅力が特に秀でており、受賞となりました。

大人気、第8回GA文庫大賞≪優秀賞≫受賞の無自覚最強ファンタジー第2弾!!
「僕も魔法を覚えてみたいんです!」
相変わらず自分を弱いと信じて疑わないロイドは、魔術大会にむけて魔法の特訓にはげんでいた。
初級魔法のつもりで軍部も騒然の大魔法をぶっ放す彼がひとりいれば、大会優勝まちがいなし!?
ところが、ゴミ拾いのついでにロイドが伝説の聖剣を抜いてしまったことをきっかけに、魔術大会は予想もつかない波乱の展開をむかえ……
――誰かのためになら、僕はもっと強くなれる!
勇気と出会いと勘違いで綴られる、強すぎ村人の無自覚・最強ファンタジー第2弾!! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
【出版社からコメント】
第1巻が売り切れ続出で、発売後たちまち3刷を重ねた大ヒット作の続編です。
ド田舎育ちの強すぎ少年ロイド君。今度は王国の魔術大会に参加することに。
序盤の街の大会に魔王も倒せるロイドが出ちゃったら、はたして……!?
さらに女の子との接し方に意外な大胆さをみせるなど、男らしい一面も?
1巻よりますますパワフルで手がつけられない、勘違いコメディをぜひお楽しみください。

強すぎ村人の無自覚最強ファンタジー、早くも第3弾!!

「都会のホテルってすごいですね!」
人外魔境のコンロン村からやってきた純朴な少年ロイド、今度は豪華ホテルで住み込みアルバイトに!?

驚異の身体能力でホテル中をピカピカ&料理の下ごしらえもばっちりな仕事ぶりにスタッフ一同騒然!
アルカ仕込みの「マル秘マッサージ」でホテルの評判はうなぎ登り!
さらに地方貴族のお嬢様のご訪問で――前代未聞、お見合いの代役までさせられてしまい……?

「はい、何でもお任せください!」
万能ぶりが留まることを知らないロイドが今回も大活躍!!

湖畔のホテルを舞台に繰り広げられる、勇気と出会いと勘違い満載の無自覚最強ファンタジー、第3弾!!  ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)」のおすすめコメント

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 ぽえ夢(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2017/02/22

たぶん勇者より強い村人のおはなし

ロールプレイングゲームでは序盤の敵は弱く、物語の進展につれて敵も強くなっていきます。ということは、最終ダンジョン近くの村で普通に生活してる村人って、超強いんじゃないか? そんな長年の疑問に答えを出す作品に出会いました…!ありがとう! 答え:ラスダン前の村人、みんな超強い。 辺境から王都にやって来た一人の若者。彼は、害虫駆除感覚で魔王を討伐するような住人が集う村からやってきた、ある意味、伝説の村人の一人だったのです。 ただし…、村では軟弱(伝説の村人基準)とイジられてきたため、自己評価が非常に低かった! 都会人に田舎者が勝てないと卑下しながらも、伝説級の力で難題をサクサク解決! でも彼は、偉業を成したことに気付かない! 主人公の勘違いっぷりと周囲の反応の落差に大爆笑♪童話のような語り口が温かい気持ちにさせてくれる、元気になれる一冊です!

「「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」シリーズ(GA文庫)」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
347ページ (たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語)
配信開始日
2017年2月17日 (たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad