電子書籍 コルバトントリ(文春e-book) 文芸・小説

著: 山下澄人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

コルバトントリ あらすじ・内容

「ぼく」を通して語られる、いつか、どこかで暮らしていた人々の物語。
おばさんは幼い頃、「ぼく」の母親が窓から捨てた油で顔に消えない痕がのこるが、のちに、刑務所に入った父親、交通事故死した母親のかわりに「ぼく」をあずかる。
幼馴染みたち、アパートの飲んだくれのおじさん、月を見張っているおじいさん――。
富とは無縁の人々を、静かな雨が包み込む。「永遠」にめぐる世界を閉じ込めたかのような奇跡的中編。

第一五六回芥川賞を『しんせかい』で受賞した著者による、2014年発表の中編小説

この作品を共有

「コルバトントリ(文春e-book)」最新刊

「ぼく」を通して語られる、いつか、どこかで暮らしていた人々の物語。
おばさんは幼い頃、「ぼく」の母親が窓から捨てた油で顔に消えない痕がのこるが、のちに、刑務所に入った父親、交通事故死した母親のかわりに「ぼく」をあずかる。
幼馴染みたち、アパートの飲んだくれのおじさん、月を見張っているおじいさん――。
富とは無縁の人々を、静かな雨が包み込む。「永遠」にめぐる世界を閉じ込めたかのような奇跡的中編。

第一五六回芥川賞を『しんせかい』で受賞した著者による、2014年発表の中編小説

「コルバトントリ(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
86ページ (コルバトントリ)
配信開始日
2017年2月10日 (コルバトントリ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad