電子書籍 「ひとりぼっち」の魂へ 実用

著: 平川博達  著: 吉川宣行  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「ひとりぼっち」の魂へ 第二巻 ひとはなぜ殺すか あらすじ・内容

殺人事件が横行しています。
「ひとりぼっち」の魂が、それだけ多くなったということです。
過労死も社会問題になっています。
つまり、当分は、いじめはなくならないようです。しかし、いじめも、れっきとした「犯罪です。
 そこでさまざまな殺人形態を紹介しながら、いかなる殺人事件に巻き込まれないための、心の準備をあげてみました。
 参考にしてみてください。



それゆえに、いじめは殺人事件に発展します。
 そこで、そういう殺人事件に巻き込まれないために、準備が必要です。

この作品を共有

「「ひとりぼっち」の魂へ」最新刊

キリストも、死ぬまで「ひとりぼっち」でした。弟子たち、キリストの心を理解しなかったのです。
 そういうわけで、キリストは「ひとりぼっち」のひとの心をよく理解していました。
 それゆえに、いまも「独りぼっち」の人の心に、聖霊という、魂を輝かす神の心を送り続けています。
 その紹介のために、この本を書きました。

「「ひとりぼっち」の魂へ」作品一覧

(5冊)

330〜1,426(税込)

まとめてカート

「ひとりぼっち」の魂ほど悲しい現実はありません。
 人間は「独りぼっち」では、人間になりません。そういうことは、だれにでもわかっていながら、日本では、いわゆる「教養」も「地位」もあるひとほど、いじめる傾向があります。
 ということは、もはや社会をあてにするのではなく、自分の魂の成長のために、ほかの方法を探されることを勧めるほかありません。
 その一助になれなればという思いで、この本を書いてみました。
 心に栄養となるもの、心の休息になる生き方の一例をあげてみました。参考にしてみてください。

殺人事件が横行しています。
「ひとりぼっち」の魂が、それだけ多くなったということです。
過労死も社会問題になっています。
つまり、当分は、いじめはなくならないようです。しかし、いじめも、れっきとした「犯罪です。
 そこでさまざまな殺人形態を紹介しながら、いかなる殺人事件に巻き込まれないための、心の準備をあげてみました。
 参考にしてみてください。



それゆえに、いじめは殺人事件に発展します。
 そこで、そういう殺人事件に巻き込まれないために、準備が必要です。

人生は試練と誘惑の連続です。
 しかし、そうであるゆえに、「戦い甲斐もある」というひともいます。
 たしかにそういう人は、「真理」というものを、よく知っているようです。
 おもえば、キリストは、
 「真理はあなた方を自由にします」
 といいます。
 そういうわけで、それぞれに人生の絶望から、自由になる道、つまり「真理」をこれから紹介します。
 参考にしてください。

「「ひとりぼっち」の魂へ」の作品情報

レーベル
BCCKS Distribution
出版社
BCCKS Distribution
ジャンル
実用 ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
192ページ (「ひとりぼっち」の魂へ 第二巻 ひとはなぜ殺すか)
配信開始日
2017年2月14日 (「ひとりぼっち」の魂へ 第二巻 ひとはなぜ殺すか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad