電子書籍 ローマ皇帝ガリエヌス 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝 実用

著: 狭山真琴 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ローマ皇帝ガリエヌス一 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝 あらすじ・内容

これまで「ヒストリア・アウグスタ」などの数多くの歴史書により、堕落した無能な皇帝と不当な評価を受け、その実像を歪められてきたローマ皇帝ガリエヌス。しかし、実際は父皇帝ウァレリアヌスの、ペルシャによる虜囚、更に蛮族やパルミラの僭称女王ゼノビアなどの数多の外敵の侵攻、 更に相次ぐ将軍達の帝国内での反乱などの苦難に満ちた治世の中、精力的に戦い、各地の治安を回復した。そしてその後のローマ帝国の基盤となっていく、新たな統治形態創設と軍制改革を行なった、精力的な改革者。
また彼はそのギリシャ文化愛好、更にしばしば反元老院的政策を行なったことでは、ハドリアヌスとも重なる。更にやはりガリエヌスと同じくギリシャ哲学を愛好し、また円満な夫婦関係であった点などは、マルクス・アウレリウスと重なる。
そして彼がローマ帝政の創始者アウグストゥスと共に手本として仰いでいたのが、ハドリアヌスでもあった。





また何より注目される、彼の騎兵を中心とした軍隊改革は、二十数年後に、ローマ帝国を長き混迷の時代から救出する、 皇帝ディオクレティアヌスを生み出す事になるのである。彼の皇帝としての、具体的な業績を描き、再評価を試みる。この巻では、皇帝ウァレリアヌスのキリスト教迫害。ガリエヌスの「キリスト教公認勅答令」。皇帝ウァレリアヌスのペルシャ捕囚。更にインゲヌウスとレガリアヌスの簒奪について。

 


 

この作品を共有

「ローマ皇帝ガリエヌス 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝」最新刊

これまで「ヒストリア・アウグスタ」などの、多くの歴史書により、堕落した無能な皇帝と不当な評価を受け、 その実像を歪められてきたローマ皇帝ガリエヌス。 しかし、実際は父皇帝ウァレリアヌスの、ペルシャ皇帝シャープールによる虜囚、 蛮族やササン朝ペルシャ、パルミラの僭称女王ゼノビアなどの、数多の外敵の侵攻、 そして相次ぐ将軍達の帝国内での反乱、飢饉や疫病など、その苦難に満ちた 治世の中、精力的に戦い、各地の治安を回復した。そしてその後のローマ帝国の基盤となっていく、新たな統治形態創設と 軍制改革を行なった、精力的な改革者。この巻では、アテネ市民でもあり、同時代のバルカン半島への、ヘルリ族との戦いにも参加している、歴史家デクシッポスも触れている、バルカン半島へのヘルリ族の大量侵入。そしてこれまでは、同一の戦いと混同されることも、しばしばであった、二六八年のガリエヌスのヘルリ族との戦いの「ネストスの戦い」と翌年のこちらはクラウディウス・ゴティクスの方の戦いである「ナイッススの戦い」。更に相次ぐ内乱、頻繁な蛮族やササン朝ペルシャなどの外敵の侵入、度々発生した自然災害や疫病。これら諸々の内憂外患に悩まされていた帝国の、悪化していく経済状態について。また、それまでの歩兵中心であったローマ軍団の構成を、騎兵中心に再編成し、ひいてはこれが、しばしば外敵に圧されがちであった帝国の、反撃へと転じるきっかけとなったとされ、ガリエヌスの政策の中でも、特に注目されている「ガリエヌスの騎兵改革」の実態について。そしてイリリア人騎兵将軍達が中心となり、企てられた、皇帝ガリエヌスの暗殺について。

「ローマ皇帝ガリエヌス 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝」作品一覧

(4冊)

各275(税込)

まとめてカート

これまで「ヒストリア・アウグスタ」などの数多くの歴史書により、堕落した無能な皇帝と不当な評価を受け、その実像を歪められてきたローマ皇帝ガリエヌス。しかし、実際は父皇帝ウァレリアヌスの、ペルシャによる虜囚、更に蛮族やパルミラの僭称女王ゼノビアなどの数多の外敵の侵攻、 更に相次ぐ将軍達の帝国内での反乱などの苦難に満ちた治世の中、精力的に戦い、各地の治安を回復した。そしてその後のローマ帝国の基盤となっていく、新たな統治形態創設と軍制改革を行なった、精力的な改革者。
また彼はそのギリシャ文化愛好、更にしばしば反元老院的政策を行なったことでは、ハドリアヌスとも重なる。更にやはりガリエヌスと同じくギリシャ哲学を愛好し、また円満な夫婦関係であった点などは、マルクス・アウレリウスと重なる。
そして彼がローマ帝政の創始者アウグストゥスと共に手本として仰いでいたのが、ハドリアヌスでもあった。





また何より注目される、彼の騎兵を中心とした軍隊改革は、二十数年後に、ローマ帝国を長き混迷の時代から救出する、 皇帝ディオクレティアヌスを生み出す事になるのである。彼の皇帝としての、具体的な業績を描き、再評価を試みる。この巻では、皇帝ウァレリアヌスのキリスト教迫害。ガリエヌスの「キリスト教公認勅答令」。皇帝ウァレリアヌスのペルシャ捕囚。更にインゲヌウスとレガリアヌスの簒奪について。

 


 

これまで「ヒストリア・アウグスタ」などの、多くの歴史書により、堕落した無能な皇帝と不当な評価を受け、その実像を歪められてきたローマ皇帝ガリエヌス。しかし、実際は父皇帝ウァレリアヌスの、ペルシャによる虜囚、更に蛮族やパルミラの僭称女王ゼノビアなどの数多の外敵の侵攻、 更に相次ぐ将軍達の帝国内での反乱などの苦難に満ちた治世の中、精力的に戦い、各地の治安を回復した。そしてその後のローマ帝国の基盤となっていく、新たな統治形態創設と軍制改革を行なった、精力的な改革者。また彼はそのギリシャ文化愛好、更にしばしば反元老院的政策を行なったことでは、ハドリアヌスとも重なる。更にやはりガリエヌスと同じくギリシャ哲学を愛好し、また円満な夫婦関係であった点などは、マルクス・アウレリウスと重なる。
そして彼がローマ帝政の創始者アウグストゥスと共に手本として仰いでいたのが、ハドリアヌスでもあった。
この巻では、ポストゥムスの簒奪と「ガリア分離帝国」の出現。そして帝国東方諸属州防衛のための、パルミラのオダエナトゥス起用。また、その単独治世開始から相次ぐ反乱や蛮族の侵入に対し、ほとんど息つく間もなく、精力的に鎮圧や撃退を試みているにも関わらず、四世紀の歴史書「ヒストリア・アウグスタ」を代表的なものとして、なぜ皇帝ガリエヌスは、いわば女々しい暴君として、ここまで否定的に描かれているのか?という謎の解明。そして彼の治世中に数多く発行された、多種多様な種類のコインやその肖像などを用いて行われた、ガリエヌスの皇帝としての巧みなカリスマ性のプロパガンダについて。

 

これまで「ヒストリア・アウグスタ」 などの、多くの歴史書により、堕落した無能な皇帝と不当な評価を受け、 その実像を歪められてきたローマ皇帝ガリエヌス。 しかし、実際は父皇帝ウァレリアヌスの、ペルシャ皇帝シャープールによる虜囚、 蛮族やササン朝ペルシャ、パルミラの僭称女王ゼノビアなどの、数多の外敵の侵攻、 そして相次ぐ将軍達の帝国内での反乱などその苦難に満ちた 治世の中、精力的に戦い、各地の治安を回復した。そしてその後のローマ帝国の基盤となっていく、新たな統治形態創設と 軍制改革を行なった、精力的な改革者。
この巻では「ヒストリア・アウグスタ」では、極めて否定的に描写された、彼のパントマイムなどの演劇やギリシャ文学愛好に関して。そして彼自作とされる詩。夫ガリエヌスとは哲学という共通の関心事を持ち、更に陰ながら、おそらく、頻繁に夫のその防衛先の属州の軍団宿営地に同行、そして頻繁に皇后として、コインにサロニナが姿を見せることが物語る、夫ガリエヌスの皇帝としての正当性を保証するのに協力などした、皇后サロニナについて。ガリエヌスのそのエレウシスの秘儀入信やギリシャ哲学愛好などの深いギリシャ文化への愛好、そして哲学者プロティノスとの交流。ササン朝ペルシャの脅威に晒されていた、帝国東方防衛属州の役割を一手に担っていたオダエナトゥスの暗殺。そしてその後、ローマに対して反乱を起こした、その未亡人のゼノビア、そして「パルミラ分離帝国」の出現について。

「ローマ皇帝ガリエヌス 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝」の作品情報

レーベル
BCCKS Distribution
出版社
BCCKS Distribution
ジャンル
実用 ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
174ページ (ローマ皇帝ガリエヌス一 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝)
配信開始日
2017年2月17日 (ローマ皇帝ガリエヌス一 帝国過渡期の悲劇の改革皇帝)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad