電子書籍 江戸の性事情(ベスト新書) 新書

著: 永井義男 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

江戸の性事情 あらすじ・内容

現代、「密通」を不倫と解釈している人が多いが、江戸時代においてはその定義は厳格で、
正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通だった。
 しかも、密通に対する処罰はきびしかった。多くの場合、死刑になった。
 ただし、これはあくまで建前である。
 密通を町奉行に訴え出る人はほとんどいなかった。
 そのため、多くの男女は平気で密通を享楽していた。

 江戸時代の武士の妻はみな貞淑だったと信じている人は多い。
 「武士の妻はつねに懐剣をふところに忍ばせており、操が守れないような状況になれば喉を突いて自害した。」などと解説した本すらある。
 しかし、実態はかなり異なり、武士の妻にも密通は少なくなかった。 (本文より)

この作品を共有

「江戸の性事情(ベスト新書)」最新刊

現代、「密通」を不倫と解釈している人が多いが、江戸時代においてはその定義は厳格で、
正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通だった。
 しかも、密通に対する処罰はきびしかった。多くの場合、死刑になった。
 ただし、これはあくまで建前である。
 密通を町奉行に訴え出る人はほとんどいなかった。
 そのため、多くの男女は平気で密通を享楽していた。

 江戸時代の武士の妻はみな貞淑だったと信じている人は多い。
 「武士の妻はつねに懐剣をふところに忍ばせており、操が守れないような状況になれば喉を突いて自害した。」などと解説した本すらある。
 しかし、実態はかなり異なり、武士の妻にも密通は少なくなかった。 (本文より)

「江戸の性事情(ベスト新書)」の作品情報

レーベル
ベスト新書
出版社
ベストセラーズ
ジャンル
新書 雑学 文化 歴史
ページ数
221ページ (江戸の性事情)
配信開始日
2017年3月10日 (江戸の性事情)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad