電子書籍 ジュニア文学館 文芸・小説

著者: こうだゆうこ  イラスト: 田中六大 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

四年ザシキワラシ組 あらすじ・内容

第24回小川未明文学賞大賞受賞作品。おとなしい性格の小松君。ある日から、古い本棚に住むザシキワラシと話すようになり……。

この作品を共有

「ジュニア文学館」最新刊

公園にあるでっかいクスノキは「ぽかりの木」とよばれている。木の下にいると、だれかにたたかれることがあるからだ。小学校4年生の勇太は、ある日父ちゃんにおこられて家を飛び出してしまう。ぽかりの木に登って泣いていると、小さな女の子があらわれて…。

「ジュニア文学館」作品一覧

(4冊)

1,323〜1,324(税込)

まとめてカート

第24回小川未明文学賞大賞受賞作品。おとなしい性格の小松君。ある日から、古い本棚に住むザシキワラシと話すようになり……。

はじまりは、墨汁が飛びちった時間割だった。そんなのちっとも気にしてなかったのに。わたしの時間割にあった月曜「体育」。本当になくなったんだ。墨汁が消したとおりに。これって、偶然…?そうともいえない。だって、クラス中で不思議なことが起こってる。

すさまじい竜巻が、村に近づいてくる。地下室に避難した子どもたち。不安な気持ちでおびえる子どもたちに、むかしむかしにあった、ふしぎな話をすることになる。それは、竜巻とともにやってきた、一匹の犬の話だった。

「ジュニア文学館」の作品情報

レーベル
――
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説
ページ数
131ページ (四年ザシキワラシ組)
配信開始日
2017年3月24日 (四年ザシキワラシ組)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad