電子書籍 ともえ(文春文庫) 文芸・小説

著: 諸田玲子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ともえ あらすじ・内容

源平から元禄。時空を越えたファンタジー

近江義仲寺で運命的な出会いをした松尾芭蕉と智月尼。
最晩年の芭蕉のプラトニックな関係と、巴御前との魂の交感を描く歴史時代小説。

大津にある義仲寺、その境内にある巴御前の塚に額ずく一人の尼に、
声を掛けたのは旅の途中の松尾芭蕉であった。
そして芭蕉最後の恋が始まるのだった。

その尼・智と芭蕉の淡い恋に、遥か五百年の時空を越えて
巴御前と木曾義仲の縁が美しく絡む。
近江と鎌倉を、そして過去と今を往還する純愛ファンタジー。

解説・島内景二

この作品を共有

「ともえ(文春文庫)」最新刊

源平から元禄。時空を越えたファンタジー

近江義仲寺で運命的な出会いをした松尾芭蕉と智月尼。
最晩年の芭蕉のプラトニックな関係と、巴御前との魂の交感を描く歴史時代小説。

大津にある義仲寺、その境内にある巴御前の塚に額ずく一人の尼に、
声を掛けたのは旅の途中の松尾芭蕉であった。
そして芭蕉最後の恋が始まるのだった。

その尼・智と芭蕉の淡い恋に、遥か五百年の時空を越えて
巴御前と木曾義仲の縁が美しく絡む。
近江と鎌倉を、そして過去と今を往還する純愛ファンタジー。

解説・島内景二

「ともえ(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 時代小説 ファンタジー 歴史
ページ数
329ページ (ともえ)
配信開始日
2017年4月14日 (ともえ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad