電子書籍 幼い女神はかく語りき(講談社ラノベ文庫) ラノベ

著: 暇奈椿  イラスト: 夕薙 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幼い女神はかく語りき あらすじ・内容

時は古代、空白の四世紀――未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。この国のはじまりを築いた、はじまりの《士》の話。――邪馬台の侵略、異国の神々、異形のモノノケ、《化外》の民。真人と常夜。ただの人間だった少年と、無力な女神だった少女との出会いが、最新にして最古の誓約を結び奉る――!! アニメ化の大人気シリーズ『クロックワーク・プラネット』の暇奈椿が紡ぐ、過去と現在が交錯する新たなる創世ファンタジー!

この作品を共有

「幼い女神はかく語りき(講談社ラノベ文庫)」最新刊

時は古代、空白の四世紀――未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。真人と常夜が誓いを交わしたあの激戦から一月後。まつろわされたクラカヒメこと少女アスラウグと《鬼》の姫マウラに振り回される真人の元に、奇妙な狐耳の女神アメノウズメが現れる。彼女はある荒神霊に狙われた神倉の都を援けて欲しいと真人に懇願するが――。過去と現在が交錯する新たなる創世ファンタジー、待望の第二弾!

「幼い女神はかく語りき(講談社ラノベ文庫)」作品一覧

(2冊)

550円〜600円(+税)

まとめてカート

時は古代、空白の四世紀――未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。この国のはじまりを築いた、はじまりの《士》の話。――邪馬台の侵略、異国の神々、異形のモノノケ、《化外》の民。真人と常夜。ただの人間だった少年と、無力な女神だった少女との出会いが、最新にして最古の誓約を結び奉る――!! アニメ化の大人気シリーズ『クロックワーク・プラネット』の暇奈椿が紡ぐ、過去と現在が交錯する新たなる創世ファンタジー!

時は古代、空白の四世紀――未だ神話が綴られる神秘と幻想の時代。真人と常夜が誓いを交わしたあの激戦から一月後。まつろわされたクラカヒメこと少女アスラウグと《鬼》の姫マウラに振り回される真人の元に、奇妙な狐耳の女神アメノウズメが現れる。彼女はある荒神霊に狙われた神倉の都を援けて欲しいと真人に懇願するが――。過去と現在が交錯する新たなる創世ファンタジー、待望の第二弾!

「幼い女神はかく語りき(講談社ラノベ文庫)」の作品情報

レーベル
講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
454ページ (幼い女神はかく語りき)
配信開始日
2017年5月2日 (幼い女神はかく語りき)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad