電子書籍 怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎) 文芸・小説

著: 高原英理 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎) あらすじ・内容

いつだって、怪談はあなたのそばにある。

『ゴシックハート』『不機嫌な姫とブルックナー団』の著者による、江戸時代から現代までの怪談・奇談集。

怪談は、夜の学校や墓地だけのものじゃない。夕食時や散歩道、そういう何気ない瞬間、私たちが生活している空間すべてに潜んでいる――。

見えない「何か」が近くにいる感覚。その土地に伝わる奇妙な伝承。様々な伝説が残る石。至る所にあらわれる火の玉。美少年好きの天狗。果てはろくろ首の種類別考察まで。

古今東西あらゆるところで伝わる怪談を、高原英理ならではの視点でまとめあげた、怪談随筆の新定番。

この作品を共有

「怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎)」最新刊

いつだって、怪談はあなたのそばにある。

『ゴシックハート』『不機嫌な姫とブルックナー団』の著者による、江戸時代から現代までの怪談・奇談集。

怪談は、夜の学校や墓地だけのものじゃない。夕食時や散歩道、そういう何気ない瞬間、私たちが生活している空間すべてに潜んでいる――。

見えない「何か」が近くにいる感覚。その土地に伝わる奇妙な伝承。様々な伝説が残る石。至る所にあらわれる火の玉。美少年好きの天狗。果てはろくろ首の種類別考察まで。

古今東西あらゆるところで伝わる怪談を、高原英理ならではの視点でまとめあげた、怪談随筆の新定番。

「怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎)」の作品情報

レーベル
立東舎
出版社
リットーミュージック
ジャンル
文芸・小説 オカルト ホラー
ページ数
302ページ (怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎))
配信開始日
2017年5月12日 (怪談生活 江戸から現代まで、日常に潜む暗い影(立東舎))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad