電子書籍 闇貸師(グループ・ゼロ) マンガ

作画: 神田たけ志  原作: 向谷匡史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

闇貸師 1 あらすじ・内容

「金利はトイチにて承っておりやす」喜三郎は表向きは髪結い(理容師)を生業としているが、裏では江戸で暗躍する金貸し、通称・闇鴉と恐れられる闇の金貸しだった。男に貢ぐため喜三郎から金を借りる旗本侍の妻・美佐江。だが当てにしていた義兄から借金を断られ、利息が払いきれず首が廻らなくなってしまう。そこで自分の身体を差し出し、借金を帳消しにしてやろうと喜三郎を誘惑する。だが、その傲慢な態度が喜三郎の怒りに火をつけ……

この作品を共有
  

「闇貸師(グループ・ゼロ)」最新刊

当道座の統率者・三橋検校は幕府の庇護のもと、組織の社会的地位の高さと権力を使い万年青(おもと)投機の値段相場を不当に釣り上げるといった仕手を仕掛け、莫大な利益を貪っていた。その余波は喜三郎の故郷でもある高称寺にも及んでいた。元金貸し番頭・増蔵に騙された和尚は七百両の借金を抱え、寺を差し押さえられてしまった。事態を不自然に思えた喜三郎は増蔵の背後に三橋検校が絡んでいる事を突き止め……

「闇貸師(グループ・ゼロ)」作品一覧

(2冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

「金利はトイチにて承っておりやす」喜三郎は表向きは髪結い(理容師)を生業としているが、裏では江戸で暗躍する金貸し、通称・闇鴉と恐れられる闇の金貸しだった。男に貢ぐため喜三郎から金を借りる旗本侍の妻・美佐江。だが当てにしていた義兄から借金を断られ、利息が払いきれず首が廻らなくなってしまう。そこで自分の身体を差し出し、借金を帳消しにしてやろうと喜三郎を誘惑する。だが、その傲慢な態度が喜三郎の怒りに火をつけ……

当道座の統率者・三橋検校は幕府の庇護のもと、組織の社会的地位の高さと権力を使い万年青(おもと)投機の値段相場を不当に釣り上げるといった仕手を仕掛け、莫大な利益を貪っていた。その余波は喜三郎の故郷でもある高称寺にも及んでいた。元金貸し番頭・増蔵に騙された和尚は七百両の借金を抱え、寺を差し押さえられてしまった。事態を不自然に思えた喜三郎は増蔵の背後に三橋検校が絡んでいる事を突き止め……

「闇貸師(グループ・ゼロ)」の作品情報

レーベル
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 男性向け 時代劇マンガ 青年マンガ 歴史
ページ数
214ページ (闇貸師 1)
配信開始日
2017年5月12日 (闇貸師 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad