電子書籍 「信長の弟 織田信行として生きて候」シリーズ(GCノベルズ) ラノベ

小説: ツマビラカズジ  イラスト: 晩杯あきら 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

信長の弟 織田信行として生きて候 1 あらすじ・内容

サラリーマン、戦国時代で無双する!
ファンタジーのその先へ、推して参る!

オフィスで空残業をしていたはずの山田太郎(32)は、ふと気がつくと何故か馬の上に乗っていた。
突然あの有名な織田信長の弟、信行に憑依(?)してしまったのだ。
聞けばこれから清洲城へ信長の見舞いに行く途中だと言う。
間違いなく暗殺ルート・・・・やってきた途端からハードモードまっしぐらである。
戦国の世で信行として生き残る為、現代知識を駆使して奔走する――!
※本作品は電子書籍配信用に再編集しております。

この作品を共有

「「信長の弟 織田信行として生きて候」シリーズ(GCノベルズ)」最新刊

今川義元を討ち取り、日本国内に戦国大名として織田の名を知らしめた信行は、本格的な天下治平に向けていくつかの布石を打ちながら動き出す。信行の作に北条や武田といった強大な大名達が動きをみせている中、最初に立ちふさがったのは半兵衛こと竹中重治。今孔明と呼ばれる程の知謀が、襲いかかってくのであった――。

「「信長の弟 織田信行として生きて候」シリーズ(GCノベルズ)」作品一覧

(3冊)

各1,100(税込)

まとめてカート

オフィスで空残業をしていたはずの山田太郎(32)は、ふと気がつくと何故か馬の上に乗っていた。
突然あの有名な織田信長の弟、信行に憑依(?)してしまったのだ。
聞けばこれから清洲城へ信長の見舞いに行く途中だと言う。
間違いなく暗殺ルート・・・・やってきた途端からハードモードまっしぐらである。
戦国の世で信行として生き残る為、現代知識を駆使して奔走する――!
※本作品は電子書籍配信用に再編集しております。

信長亡き後、織田家の家督を継いだ信行は
尾張国へ侵略を開始している今川義元の存在に頭を悩ませていた。
大軍勢を保有する今川軍に対し、
少数の兵しかいない織田軍。
圧倒的な戦力差を前に、
信行はある策を用いることで、
来たるべく大戦への足掛かりにしようとするのだが……。

今川義元を討ち取り、日本国内に戦国大名として織田の名を知らしめた信行は、本格的な天下治平に向けていくつかの布石を打ちながら動き出す。信行の作に北条や武田といった強大な大名達が動きをみせている中、最初に立ちふさがったのは半兵衛こと竹中重治。今孔明と呼ばれる程の知謀が、襲いかかってくのであった――。

「「信長の弟 織田信行として生きて候」シリーズ(GCノベルズ)」の作品情報

レーベル
GCノベルズ
出版社
マイクロマガジン社
ジャンル
ライトノベル 男性向け 異世界系作品
ページ数
379ページ (信長の弟 織田信行として生きて候 1)
配信開始日
2017年5月30日 (信長の弟 織田信行として生きて候 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad