電子書籍 異世界食堂(ヒーロー文庫) ラノベ

著者: 犬塚惇平  著者: エナミカツミ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

異世界食堂 1 あらすじ・内容

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。
洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。
しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客""で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

この作品を共有

「異世界食堂(ヒーロー文庫)」最新刊

家族を持ったことのない、遠い異世界からやってきた女。
家族を失い遠い大陸から戻ってきた男。
終戦間もない混沌の時代に二人は出会った。
女ができた仕事はただ一つ。魔王を狩ることのみ。
男ができる仕事はただ一つ。料理を作ることのみ。
やがて女と男は店を持ち、家族を作り、そして異世界の客を招く。
かくて始まりし『異世界食堂』。毎週土曜日にだけ開くこの店は、
絶品の料理で多くの客をもてなす。
『洋食のねこや』、創業五十年。
『異世界食堂』、開店三十年。今日も、チリンチリンと扉が開く。

「異世界食堂(ヒーロー文庫)」作品一覧

(4冊)

580円〜600円(+税)

まとめてカート

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。
洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。
しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客""で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

最寄駅から徒歩5分。
オフィス街に程近い商店街の一角に立つ、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階。
猫の絵が描かれた樫の木の扉を開くとそこは、「洋食のねこや」。
創業五十年、近所のオフィス街のサラリーマンが主な客であり、ちょっと料理の種類が多いのと、洋食じゃないメニューを出すことが特徴。
特別営業の土曜日だけの新たな従業員が加わった。
名前はアレッタ。生まれも育ちも向こうの世界の、魔族の娘。
変わった従業員を新たに加え、店はまたいつものように続いていく。
毎週土曜の特別営業。迎える客は異世界の人々。
それが―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。


こちらの世界とは違う、遠い異世界へとつながる、魔法の扉。
その扉の先には、不思議な料理屋がある。
洋食のねこや。
窓一つ無いのに不思議と明るい部屋の中には見たこともないような内装。
出てくる料理は不思議な、されど美味しい料理。
どの料理が一番美味いか。時折話題には上るが結論が出たことは無い。
彼らは料理を食べて語らい、時に新しい発見をする。
故に彼らがこの店に名付けた名前は『異世界食堂』。
それが、この異世界食堂で三十年繰り返されてきた営みなのである。
チリンチリン------そしてまた、土曜日が来るたびに鈴が鳴る。

「異世界食堂(ヒーロー文庫)」のおすすめコメント

異世界食堂 1 ぽえ夢(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2017/06/30

週1日だけ営業の名店…。リアルなら行列必至!

現代日本のごく普通の洋食屋が週に1日だけ行う「特別営業」。 1日だけ扉が繋がる異世界から、冒険者(人間)、貴族(人間)、エルフ、リザードマン、ドラゴン(!)など、種族の垣根を超えてお客様が訪れます。 その洋食屋の名は「洋食のねこや」。お客様からの通称は「異世界食堂」。 こちらからすると向こうが異世界なんですが、あちらからも異世界なんです。 現代から異世界へではなく、異世界から現代への訪問って、珍しいですよね。 各章の料理に付随するエピソードは小粋なショートショート風味で、文字で料理を楽しみつつ、読後は温かい気持ちになる“いい話”ばかり。 そして、物語の主役とも言える異世界の住人に振る舞われる洋食の数々は、ただでさえ美味しそうに描かれているのに、食レポ並の解説で満腹中枢への刺激が留まるところを知りません! 「ダイエット中に読むのは要注意」の触れ込みを裏切らない、最高に美味しいお話がいっぱいです!

「異世界食堂(ヒーロー文庫)」の作品情報

レーベル
ヒーロー文庫
出版社
主婦の友社
ジャンル
ライトノベル
ページ数
340ページ (異世界食堂 1)
配信開始日
2017年6月27日 (異世界食堂 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad