電子書籍 鈍色の箱の中で マンガ

完結
著: 篠原知宏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

53ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鈍色の箱の中で 1巻 あらすじ・内容

<連載開始後3ヶ月連続! LINEマンガ連載 月間総合人気ランキング第1位>
まっ白(純愛)でも、完全な黒(背徳的)でもない、曖昧で不安定な鈍色(ルビ:にびいろ)な関係。
分譲マンションという“大人の都合”に囚われた、高校生たちの偏愛的な日常ストーリー。
【コミックス限定エピソード】「バイオリンのお姉さん」収録

この作品を共有
  

「鈍色の箱の中で」最新刊

変わらないと信じていたものも、時としてあっけなく、音もなく崩れ去る。
想いの交差は混濁し、鈍色の渦となって全てを巻き込んでいく――。
されどいつしか暗雲は晴れ、新たな道を照らし出す。
その時、前を向くか、目を反らすか。それぞれが別々の岐路に立たされる。

「鈍色の箱の中で」作品一覧

(4冊)

各506(税込)

まとめてカート

<連載開始後3ヶ月連続! LINEマンガ連載 月間総合人気ランキング第1位>
まっ白(純愛)でも、完全な黒(背徳的)でもない、曖昧で不安定な鈍色(ルビ:にびいろ)な関係。
分譲マンションという“大人の都合”に囚われた、高校生たちの偏愛的な日常ストーリー。
【コミックス限定エピソード】「バイオリンのお姉さん」収録

鈍色・・・それは不完全で曖昧な、恋の色。
毎日キスをしていても、
基秋からは何もしてくれないことに
不満を募らせる美羽。
「・・・ねぇ キスの先って、どうやるの・・・?」
交わらない恋心が織りなす、偏愛ストーリー。

どこまでも一途な恋は、時として人を振り回す。
不条理に過ぎていく時の中、何が正しいのかも分からずに、ただひたすら前に進むしかないという残酷。

綺麗な過去に捕らわれる者。幼い頃の記憶と残像に惑わされる者。拠り所のない想いに自棄する者。

それぞれの想いの渦は、鈍色の不協和音となって小さな箱を埋め尽くしていく――。

「鈍色の箱の中で」の作品情報

レーベル
――
出版社
LINE Digital Frontier
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ ラブコメディ 完結
ページ数
179ページ (鈍色の箱の中で 1巻)
配信開始日
2017年8月10日 (鈍色の箱の中で 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad