電子書籍 ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり ラノベ

著: 柳内たくみ  イラスト: DaisukeIzuka 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

51ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 1.抜錨編 あらすじ・内容

調査任務を帯びて特地各国を回っていた海上自衛隊の江田島五郎一佐と凄腕料理人の徳島甫二曹に対し、特地で拉致された米国籍ジャーナリストの奪還に関わる特命が令される。二人はおやしお型潜水艦に乗り込み異世界の海に船出するが、碧海周辺は列島諸国と海賊とが群雄割拠する混乱の渦中にあった――

この作品を共有

「ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり」最新刊

海賊対処等関連法の可決により、本格的に異世界の海の取り締まりに乗り出した海上保安庁ならびに海上自衛隊。先陣を任されたミサイル艇『うみたか』や『はやぶさ』の活躍もあり、商船を襲う海賊船は次々と拿捕され、海の治安は少しずつ改善されていく。そんな中、海賊達に大砲を貸しつけていたとされる、とある国家の情報が浮上する。その国とは、海に浮かぶ大国アトランティア――江田島一佐と徳島二曹は、アトランティアとそこに本部を持つ裏組織を探るべくさっそく潜入を試る。だが、大小の船団が寄り集まって形成されたその不気味な海上国家では、『門』内外を巻き込む陰謀が蠢いていた――異世界×自衛隊ファンタジーシーズン2、待望の第3章開幕!

「ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり」作品一覧

(3冊)

各1,700円 (+税)

まとめてカート

調査任務を帯びて特地各国を回っていた海上自衛隊の江田島五郎一佐と凄腕料理人の徳島甫二曹に対し、特地で拉致された米国籍ジャーナリストの奪還に関わる特命が令される。二人はおやしお型潜水艦に乗り込み異世界の海に船出するが、碧海周辺は列島諸国と海賊とが群雄割拠する混乱の渦中にあった――

特地碧海でジャーナリストを保護した江田島と徳島はアルヌスへと帰還し、任務報告のため日本へ帰ることになった。更にティナエ共和国プリメーラ姫達もまた、様々な思惑を抱えて訪日を決断する。そして『門』を越え舞台は日本へ――。プリメーラは故国を脅かす海賊の跳梁を食い止めるため、特地への自衛隊派遣を日本政府に取り付けようと奔走するが、そんな彼女達の元に某国工作員の影が忍び寄る――

海賊対処等関連法の可決により、本格的に異世界の海の取り締まりに乗り出した海上保安庁ならびに海上自衛隊。先陣を任されたミサイル艇『うみたか』や『はやぶさ』の活躍もあり、商船を襲う海賊船は次々と拿捕され、海の治安は少しずつ改善されていく。そんな中、海賊達に大砲を貸しつけていたとされる、とある国家の情報が浮上する。その国とは、海に浮かぶ大国アトランティア――江田島一佐と徳島二曹は、アトランティアとそこに本部を持つ裏組織を探るべくさっそく潜入を試る。だが、大小の船団が寄り集まって形成されたその不気味な海上国家では、『門』内外を巻き込む陰謀が蠢いていた――異世界×自衛隊ファンタジーシーズン2、待望の第3章開幕!

「ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり」の作品情報

レーベル
アルファポリス
出版社
アルファポリス
ジャンル
ライトノベル 男性向け ファンタジー
ページ数
508ページ (ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 1.抜錨編)
配信開始日
2017年8月10日 (ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 1.抜錨編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad