電子書籍 双亡亭壊すべし(少年サンデーコミックス) マンガ

著: 藤田和日郎 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

双亡亭壊すべし(1) あらすじ・内容

大正時代より、東京・沼半井町に
傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、
名を「双亡亭」。
立ち入った先で闇と出会ってしまったら、
もはや己は己でなくなるだろう。
遺恨を辿る者達はその門戸へと
導かれ、集い、挑む。
おぞましき屋敷を破壊する為に…!!

この作品を共有

「双亡亭壊すべし(少年サンデーコミックス)」作品一覧

(24冊)

各462(税込)

まとめてカート

双亡亭が見せる恐怖に打ち克ち、
肖像画から生還した凧葉と紅。
絵の奥に潜みながら人間の心身を欲し、
侵入者を人ならざる者へと変える
“奴ら”は一体何者なのか…?
その正体を知る青一は、
緑朗と歴代総理大臣達を前に、
自身の壮絶な過去をゆっくりと語り始める…!!

青一は自らの壮絶な過去を語る。
旅客機が不時着した異星で、
感情を知らぬ“あの人”と会った事。
侵略者達と45年間戦い続けた事・・・
そしてその過去は、双亡亭へと繋がっていた・・・!!
一方で、凧葉や紅ら破壊者達は、
人智を超えた“異形”を退けながら
さらに屋敷の奥へ奥へと進んでゆき・・・!?

惨劇を阻止すべく、屋敷の亡者を一掃せよ!

凧葉と紅に救われ、
一命を取り留めた破壊者達は
屋敷の深部へと歩を進める。
その先で、侵略者達の
恐るべき目的が明らかに…!!
そして総理らと共に、
遂に双亡亭の門前に立った青一と緑朗。
迫り来る絶望を打破すべく
命懸けの攻防戦が始まる…!!