電子書籍 愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか(講談社現代新書) 新書

著: 堀井憲一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか あらすじ・内容

なぜキリスト教信者ではない日本人にとっても、クリスマスは特別行事になっているのか? それは実は、力で押してくるキリスト教文化の厄介な侵入を――彼らを怒らせることなく――防ぎ、やり過ごしていくための、「日本人ならではの知恵」だった! 「恋人たちが愛し合うクリスマス」という逸脱も、その「知恵」の延長線上にあったのだ――キリスト教伝来500年史から、極上の「日本史ミステリー」を読み解こう!

この作品を共有

「愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか(講談社現代新書)」を見ている人にこれもおすすめ

「愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか(講談社現代新書)」最新巻

なぜキリスト教信者ではない日本人にとっても、クリスマスは特別行事になっているのか? それは実は、力で押してくるキリスト教文化の厄介な侵入を――彼らを怒らせることなく――防ぎ、やり過ごしていくための、「日本人ならではの知恵」だった! 「恋人たちが愛し合うクリスマス」という逸脱も、その「知恵」の延長線上にあったのだ――キリスト教伝来500年史から、極上の「日本史ミステリー」を読み解こう!

「愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか(講談社現代新書)」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 社会 学問
ページ数
244ページ (愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか)
配信開始日
2017年10月27日 (愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad