電子書籍 赤いダイヤ 文芸

著: 梶山季之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

赤いダイヤ(上)鬼に金棒編 あらすじ・内容

小豆は天候に左右されやすい穀物の代表だ。天候不順の年の小豆値は、信じられないほどのバカ高値をよぶ。一攫千金を夢みる人たちは、ダイヤモンドに魅せられるかのように、〈赤い魔物〉の小豆にすい寄せられる。ソロバンづくで生きてきた木塚慶太は、“アメ横”を根城にして活躍するブローカーだ。金儲けができるところには嗅覚を働かせ、ひょっこり現われるのでトランパー(不定期船)のあだ名がある。その慶太が商売に大失敗、大借金をかかえた。28歳の素頓狂な慶太の人生もこれで終り。遺書を書いて、住みなれたアパートを後にしたのだが……。著者会心の痛快長編小説の最高傑作。

この作品を共有

「赤いダイヤ」最新刊

自殺に失敗して、小豆の相場師・森玄一郎に救われた木塚慶太。どことなく不敵な小男の第二の人生が始まった。――小豆の主産地の北海道が霜害、しかも台風の追い打ちをくらって、大凶作はもう決定的! 生まれついてのすばらしい金儲けのカンがたよりの嗅覚人間、意気さかんな慶太が見のがすはずはない。だが、〈赤いダイヤ〉の恩恵にありつこうと、鵜の目鷹の目の相場師の暗躍、この世界はじまって以来の大波乱!

「赤いダイヤ」作品一覧

(2冊)

660円〜700円(+税)

まとめてカート

小豆は天候に左右されやすい穀物の代表だ。天候不順の年の小豆値は、信じられないほどのバカ高値をよぶ。一攫千金を夢みる人たちは、ダイヤモンドに魅せられるかのように、〈赤い魔物〉の小豆にすい寄せられる。ソロバンづくで生きてきた木塚慶太は、“アメ横”を根城にして活躍するブローカーだ。金儲けができるところには嗅覚を働かせ、ひょっこり現われるのでトランパー(不定期船)のあだ名がある。その慶太が商売に大失敗、大借金をかかえた。28歳の素頓狂な慶太の人生もこれで終り。遺書を書いて、住みなれたアパートを後にしたのだが……。著者会心の痛快長編小説の最高傑作。

自殺に失敗して、小豆の相場師・森玄一郎に救われた木塚慶太。どことなく不敵な小男の第二の人生が始まった。――小豆の主産地の北海道が霜害、しかも台風の追い打ちをくらって、大凶作はもう決定的! 生まれついてのすばらしい金儲けのカンがたよりの嗅覚人間、意気さかんな慶太が見のがすはずはない。だが、〈赤いダイヤ〉の恩恵にありつこうと、鵜の目鷹の目の相場師の暗躍、この世界はじまって以来の大波乱!

「赤いダイヤ」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸 日本文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
494ページ (赤いダイヤ(上)鬼に金棒編)
配信開始日
2014年2月28日 (赤いダイヤ(上)鬼に金棒編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad