電子書籍 銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(週刊現代) マンガ

作画: こしのりょう  原案: 高杉良 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1) あらすじ・内容

1997年、協立銀行の竹中治夫は梅田支店の支店長として、異動してきた。時は融資貸し剥がし全盛――。着任早々、竹中は年上のやり手行員・沖田、融資先の中小企業「タイコウ」小森社長の板挟みにあい、圧倒される。竹中は、優良顧客であるタイコウを倒産に追い込みかねない貸し剥がしには同意できない。しかし、裏社会とも繋がりのある沖田には、どうしてもタイコウを追い込まなければならない事情があった。

この作品を共有

「銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(週刊現代)」最新刊

協立銀行梅田支店長として着任した竹中治夫は、早々に銀行を牛耳る年上の部下・沖田と衝突する。顧客タイコウからの強引な融資引き揚げを画策する沖田に不信感を抱いた竹中は、彼と大阪の裏社会の大物・黒神道三、その娘・瑞希との繋がりをつかむ。沖田たちは、タイコウが持つ湾岸地域の倉庫を狙っていたのだ。竹中はタイコウを守る為に、新たな融資先探しに奔走する。竹中はタイコウを助け、支店を清浄化できるのか。

「銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(週刊現代)」作品一覧

(3冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

1997年、協立銀行の竹中治夫は梅田支店の支店長として、異動してきた。時は融資貸し剥がし全盛――。着任早々、竹中は年上のやり手行員・沖田、融資先の中小企業「タイコウ」小森社長の板挟みにあい、圧倒される。竹中は、優良顧客であるタイコウを倒産に追い込みかねない貸し剥がしには同意できない。しかし、裏社会とも繋がりのある沖田には、どうしてもタイコウを追い込まなければならない事情があった。

協立銀行プロジェクト推進部の竹中治夫は,支店長として梅田支店に異動する。そこで、銀行を牛耳る年上の部下・沖田と衝突する。優良顧客タイコウからの融資引き揚げを画策する沖田に不信感を抱いた竹中は、その背後関係を追う。調査を進めていた竹中チームが掴んだのは沖田と大阪の裏社会の大物・黒神道三とその娘・瑞希との繋がりだった。竹中は「土地喰い」と呼ばれる地上げ屋からタイコウを助け、支店を清浄化できるのか。

協立銀行梅田支店長として着任した竹中治夫は、早々に銀行を牛耳る年上の部下・沖田と衝突する。顧客タイコウからの強引な融資引き揚げを画策する沖田に不信感を抱いた竹中は、彼と大阪の裏社会の大物・黒神道三、その娘・瑞希との繋がりをつかむ。沖田たちは、タイコウが持つ湾岸地域の倉庫を狙っていたのだ。竹中はタイコウを守る為に、新たな融資先探しに奔走する。竹中はタイコウを助け、支店を清浄化できるのか。

「銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(週刊現代)」の作品情報

レーベル
週刊現代
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け ビジネス 青年マンガ
ページ数
177ページ (銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1))
配信開始日
2017年11月22日 (銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad