電子書籍 祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫) 実用

著: 城戸久枝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫) あらすじ・内容

「中国では七回も売られたんだ」終戦は新たな苦難の始まりだった。肉親と逸(はぐ)れ、大陸に取り残されてしまった日本人は、運命の分かれ道で重い選択を強いられた。戦時下の満州や戦後の中国を彼らはどのように生き延び、帰国を果たしたのか。元戦争孤児の父をもつ著者は、人生の終着駅に向かう六人の体験を丹念に聞き取り、紡いでゆく。戦争体験者のいなくなる時代に残すべき貴重な証言の記録。

この作品を共有

「祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫)」最新刊

「中国では七回も売られたんだ」終戦は新たな苦難の始まりだった。肉親と逸(はぐ)れ、大陸に取り残されてしまった日本人は、運命の分かれ道で重い選択を強いられた。戦時下の満州や戦後の中国を彼らはどのように生き延び、帰国を果たしたのか。元戦争孤児の父をもつ著者は、人生の終着駅に向かう六人の体験を丹念に聞き取り、紡いでゆく。戦争体験者のいなくなる時代に残すべき貴重な証言の記録。

「祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫)」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
337ページ (祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫))
配信開始日
2018年1月19日 (祖国の選択―あの戦争の果て、日本と中国の狭間で―(新潮文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad