電子書籍 オトリ捜査 文芸・小説

著者: 飯干晃一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

44ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

オトリ捜査〈潜入篇〉 あらすじ・内容

ヘロイン取引を巡る密売組織と麻薬取締官の攻防

オトリ捜査――わが国において、それは厚生省麻薬取締官に限り許されている犯罪捜査法である。この物語は、昭和30年代、日本が未曾有のヘロイン禍に悩んだ時代に、麻薬をめぐって実際におこった出来事を描いたものである。麻薬の密売では大手の暴力団組織、神戸の五島組幹部・鈴木兼雄は、オトリ捜査の罠にはまり、ヘロイン売買取引中に逮捕される。密告(タレコミ)が生んだオトリの罠だったことを知った鈴木は、自らインフォーマー(通報者)になることを条件に、釈放されるのだが……。ヤクザ対麻薬取締官の虚虚実々の駆け引きはつづく――。

この作品を共有

「オトリ捜査」最新刊

オトリ捜査による麻薬取引の現行犯で逮捕された神戸の暴力団員・鈴木兼雄は、インフォーマー(通報者)になることを承諾し、釈放された。その鈴木のもとへ、暴力団組織に単身潜入し麻薬ルートの潰滅を使命とする麻薬取締官・阿久津竜介が現われた。不思議とウマが合った二人は、早速暴力団の賭場にのりこみ行動を開始した――。罠を仕掛け、犯罪行為を挑発し、その犯罪行為の片棒をかついで逮捕するオトリ捜査。この捜査法の驚くべき実態を描く衝撃作、完結篇。

「オトリ捜査」作品一覧

(2冊)

462〜550(税込)

まとめてカート

オトリ捜査――わが国において、それは厚生省麻薬取締官に限り許されている犯罪捜査法である。この物語は、昭和30年代、日本が未曾有のヘロイン禍に悩んだ時代に、麻薬をめぐって実際におこった出来事を描いたものである。麻薬の密売では大手の暴力団組織、神戸の五島組幹部・鈴木兼雄は、オトリ捜査の罠にはまり、ヘロイン売買取引中に逮捕される。密告(タレコミ)が生んだオトリの罠だったことを知った鈴木は、自らインフォーマー(通報者)になることを条件に、釈放されるのだが……。ヤクザ対麻薬取締官の虚虚実々の駆け引きはつづく――。

オトリ捜査による麻薬取引の現行犯で逮捕された神戸の暴力団員・鈴木兼雄は、インフォーマー(通報者)になることを承諾し、釈放された。その鈴木のもとへ、暴力団組織に単身潜入し麻薬ルートの潰滅を使命とする麻薬取締官・阿久津竜介が現われた。不思議とウマが合った二人は、早速暴力団の賭場にのりこみ行動を開始した――。罠を仕掛け、犯罪行為を挑発し、その犯罪行為の片棒をかついで逮捕するオトリ捜査。この捜査法の驚くべき実態を描く衝撃作、完結篇。

「オトリ捜査」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
226ページ (オトリ捜査〈潜入篇〉)
配信開始日
2014年3月28日 (オトリ捜査〈潜入篇〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad