電子書籍 恐喝こそわが人生 文芸・小説

著者: 藤原審爾 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

恐喝こそわが人生(上) あらすじ・内容

こんな世の中、偶然から始めた恐喝稼業は大繁盛…

強者が弱者を食う、これが同情の入り込む余地すらない現代の掟なのだ。ある夜、政財界の黒幕・水野信三は殺し屋に銃撃され、命をおとしかけた。その時、偶然にも現場に居合わせたナイトクラブのボーイ村木駿は、身を挺してその危機を救った。この事件以来、水野の庇護を受けるようになった駿は、そこで新しい生き方を学び、ある新商売を考えついた。〈どんな大物でも、世間に知られたくない弱味はあるものだ。それをネタにして合法的な取引を申し出る〉――恐喝を事業化しようという計画なのだ。利権を求めて奔走する代議士、売春組織を操る旅館経営者等、駿の事業にうってつけの話はいくらもあり、「恐喝屋稼業」は順調に伸びていったが――。

この作品を共有

「恐喝こそわが人生」最新刊

政財界の黒幕・水野信三を後ろ盾に、恐喝を合法的な事業にしたてた村木駿は、青年実業家の風格さえ漂わせはじめていた。いまやスネにキズを持つ大物たちは、自ら駿への協力を申し出てくるほどであった。だが、順調に事業を伸ばす駿を、執拗につけ狙うひとりの男がいた。かつては駿と共にナイトクラブのボーイをし、いまは刑事となった小沢である。彼は恋人の死の原因が駿にあると思い込み、いまでは駿を刑務所に送ることだけが人生の生甲斐となっていた。巧みに法の網をくぐり抜ける駿を逮捕するきっかけがつかめぬ小沢は、ひとつの罠を張りめぐらせはじめた――。

「恐喝こそわが人生」作品一覧

(2冊)

550〜594(税込)

まとめてカート

強者が弱者を食う、これが同情の入り込む余地すらない現代の掟なのだ。ある夜、政財界の黒幕・水野信三は殺し屋に銃撃され、命をおとしかけた。その時、偶然にも現場に居合わせたナイトクラブのボーイ村木駿は、身を挺してその危機を救った。この事件以来、水野の庇護を受けるようになった駿は、そこで新しい生き方を学び、ある新商売を考えついた。〈どんな大物でも、世間に知られたくない弱味はあるものだ。それをネタにして合法的な取引を申し出る〉――恐喝を事業化しようという計画なのだ。利権を求めて奔走する代議士、売春組織を操る旅館経営者等、駿の事業にうってつけの話はいくらもあり、「恐喝屋稼業」は順調に伸びていったが――。

政財界の黒幕・水野信三を後ろ盾に、恐喝を合法的な事業にしたてた村木駿は、青年実業家の風格さえ漂わせはじめていた。いまやスネにキズを持つ大物たちは、自ら駿への協力を申し出てくるほどであった。だが、順調に事業を伸ばす駿を、執拗につけ狙うひとりの男がいた。かつては駿と共にナイトクラブのボーイをし、いまは刑事となった小沢である。彼は恋人の死の原因が駿にあると思い込み、いまでは駿を刑務所に送ることだけが人生の生甲斐となっていた。巧みに法の網をくぐり抜ける駿を逮捕するきっかけがつかめぬ小沢は、ひとつの罠を張りめぐらせはじめた――。

「恐喝こそわが人生」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 冒険小説・ハードボイルド
ページ数
347ページ (恐喝こそわが人生(上))
配信開始日
2014年3月28日 (恐喝こそわが人生(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad