電子書籍 緑のアルダ(集英社コバルト文庫) ラノベ

著者: 榎木洋子  イラストレータ: 唯月一 
みんなの★
4.3

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

緑のアルダ 石占の娘 あらすじ・内容

コーサ国の辺境、荒野に支配された東の果ての半島。石占いの娘、アルダ・ココは、村はずれのあかずの森で見つけた秘石に導かれ、何百年も眠っていた聖霊、地狼ヨールと、何者かに追われ村に逃げ込んだ謎の少年剣士ウルファに出会う。そして、呪われた祖国の運命を覆し、緑あふれる大地をとり戻すために、旅に出ることを決意する。おなじみ「守龍」ワールドの新しい物語、いよいよスタート!

この作品を共有

「緑のアルダ(集英社コバルト文庫)」最新刊

守龍探しの旅を終え、故郷の東の果て半島に戻ったアルダ・ココと護衛役のウルファ。静かに暮らし始めた二人だが、アルダ・ココはウルファがなぜか苛立っているように感じ、少し不安になっていた。そんなとき、ヨールの眠る森へ向かった彼女にあやしい影が忍びより…!? 表題作ほか、旅の仲間たち、そして魔法使いラダ、地狼ヨールの「それから」の物語を収録したスペシャルな短編集! 【目次】約束の地/約束の地 おまけ 王女としもべたち/ラダ、旅の終わりに/再会/あとがき

「緑のアルダ(集英社コバルト文庫)」作品一覧

(15冊)

各495(税込)

まとめてカート

コーサ国の辺境、荒野に支配された東の果ての半島。石占いの娘、アルダ・ココは、村はずれのあかずの森で見つけた秘石に導かれ、何百年も眠っていた聖霊、地狼ヨールと、何者かに追われ村に逃げ込んだ謎の少年剣士ウルファに出会う。そして、呪われた祖国の運命を覆し、緑あふれる大地をとり戻すために、旅に出ることを決意する。おなじみ「守龍」ワールドの新しい物語、いよいよスタート!

祖国に守龍を招くべく旅に出たアルダ・ココ、地狼ヨールと用心棒のウルファ。東の果ての半島から大陸に渡り、たどり着いた街は、ウルファが辻斬り犯の嫌疑をかけられ、懸賞首となって逃げ出した街だった――。人殺しとして再び取り囲まれた危機一髪のところを、謎の青年貴族カートラムに救われて、アルダ・ココは真犯人を捕まえるために石占いに力をこめるが……。異大陸ファンタジー第2話!

王都をめざし旅をつづけるアルダ・ココたちは、途上の町で山火事に道をふさがれ、思わぬ足止めを食らってしまう。ただでさえ貧しく、しかも燃え広がる炎と煙を前になすすべもない町の悲劇に、ヨールは千年前の悲劇を重ね見た……。彼は誰の呪いをうけて石と化したのか? 東の果て半島に守龍がいないのはなぜ? ウルファに迫る邪な力の正体は? 不安と迷いと、新たな決意がここに――!

「緑のアルダ(集英社コバルト文庫)」の作品情報

レーベル
集英社コバルト文庫
出版社
集英社
ジャンル
ライトノベル 女性向け ファンタジー
ページ数
198ページ (緑のアルダ 石占の娘)
配信開始日
2018年2月9日 (緑のアルダ 石占の娘)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad