電子書籍 オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。 文芸・小説

著: 斎藤純 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。 あらすじ・内容

オートバイ乗りは、程度の差こそあれ、心のどこかに埋めようのない穴ボコを抱えている

 私はなぜオートバイを降りないのだろうか(あるいは、降りられないのだろうか)。
 旅先を「通りすぎる」ツーリング・ライダーから、古里を味わい、見直すツーリング・ライダーへ。古里の山々、文人気取り、雨の大地、冬の旅、古都散歩…。雑誌『BMW BIKES』に「モノクロームの記憶」の題で連載した、好評ツーリング・エッセイをまとめた一冊。

●斎藤純(さいとう・じゅん)
小説家。1957年、盛岡市生まれ。FM岩手在職中の1988年『テニス、そして殺人者のタンゴ』でデビュー。1994年『ル・ジタン』で第47回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年『銀輪の覇者』(早川ミステリ文庫)が「このミステリーがすごい!」のベスト5に選出される。岩手町立石神の丘美術館芸術監督、岩手県立図書館運営協議委員などをつとめている。

この作品を共有

「オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。」最新刊

オートバイ乗りは、程度の差こそあれ、心のどこかに埋めようのない穴ボコを抱えている

 私はなぜオートバイを降りないのだろうか(あるいは、降りられないのだろうか)。
 旅先を「通りすぎる」ツーリング・ライダーから、古里を味わい、見直すツーリング・ライダーへ。古里の山々、文人気取り、雨の大地、冬の旅、古都散歩…。雑誌『BMW BIKES』に「モノクロームの記憶」の題で連載した、好評ツーリング・エッセイをまとめた一冊。

●斎藤純(さいとう・じゅん)
小説家。1957年、盛岡市生まれ。FM岩手在職中の1988年『テニス、そして殺人者のタンゴ』でデビュー。1994年『ル・ジタン』で第47回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年『銀輪の覇者』(早川ミステリ文庫)が「このミステリーがすごい!」のベスト5に選出される。岩手町立石神の丘美術館芸術監督、岩手県立図書館運営協議委員などをつとめている。

「オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
196ページ (オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。)
配信開始日
2015年2月13日 (オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad